幸せな循環が、地域を変える。
このごろの、週末のお話。
先々週は、小倉城の桜まつりで赤村の出張販売で、餅つきの加勢に行った私ですが、
先週は、いま、農業・農村振興のプランづくりでお世話になっている福岡県苅田町で、農村コミュニティの活性化を目的とした、地域主導の祭りの手伝いに二崎地区へ行ってきました。

1866年第2次長州戦争で長州藩の攻勢から、小倉藩を救った知将「島村志津摩」を顕彰し、
祭りを通じて、地域を元気にしたいと、今年初めて「志津摩桜まつり」を開催しました。志津摩桜は、志津摩の屋敷跡と言われる天神池近くに立つヤマザクラで、夜間ライトアップも行いました。また、桜を前にかがり火を焚いた幻想的な空間で、地元の神楽も披露されました。

地元で朝とれたばかりのお野菜、地域のおばあちゃんたちが作ったお味噌やお漬物、地元の飼料米で育てられた地鶏の炭火焼、地域のおじちゃんたちが力を合わせてつき上げたお餅、近くの海で取れたあさりが入った貝汁、おばちゃんたちが握った混ぜごはんのおにぎり、みんなの愛情がこもった品が、ところ狭しと並びます。

この祭りは、金曜から日曜まで、3日間開催しましたが、時間や日を追うごとに、当初の予定に加えて、次々と自慢の品が増え、あんなサービスも、こんな気配りも、地元発案でできるようになってきました。自分のできることを考えて、自主的に活動が広がり、そして、お客さんに喜んでもらって、さらに楽しくなる。とにかく祭りを楽しむ、それが上手な地域の方たちでした。

幸せな循環が、地域を変える。そんな可能性を肌で感じた週末でした。
来年は、もっと進化した姿を見せてくれるのでは、と思います。
b0013735_23224775.jpg
b0013735_23221479.jpg
b0013735_23352030.jpg
b0013735_23234117.jpg
b0013735_23245385.jpg
b0013735_23222825.jpg
b0013735_2321577.jpg
b0013735_23224928.jpg

[PR]
by sono3106 | 2009-04-07 01:33 | ┗━◇まちづくり
<< 田舎で生きる。。。二地域居住への道? こどもサプライズ☆ >>