1日限りの天空の直売所
今回オファーをいただき、北九州の皿倉山山頂で、1日限りの直売イベントを行ってきました。
絶景見下ろし、澄んだ青空の下、ちょっと涼しい風が気持ちよくて、楽しい時間になりました。
「呼んでもらえるなら、どこでも行こうよ」っていう、赤村のみんなは、最高やなと思います。

直売所がスーパー化する今、赤村は、村で採れたもの、村でつくったものしか、売りません。
そして、手塩にかけて作ったものだからこそ、大風呂敷は広げず、売れ残りを出さないよう、
自分たちが売れる分だけしか、品物を持っていきませ。早く売り切れちゃう時もありますが。

赤村から教わったことは、「何が一番大事なのか見極め」、「ブレずに、その信念を貫く」こと。
そして、目先の利益や状況にこだわらず、「5年先、10年先を見越した判断」をすること。
これは、祭りでも、直売でも、会社経営も、すべてに通ずるものがあるかと思います。
b0013735_21142398.jpg
いつもいつもありがたいことに、餅には長い行列が。つきあがるのを、待っていただきました。
b0013735_21143672.jpg
b0013735_21144827.jpg
飛び入り参加してくださった、市内の運輸会社のみなさん。
餅つき前に、こそっと、蒸しあがったお米を一口食べるのが、かなり美味いんです。
b0013735_21145789.jpg
泰生は、むらのおばちゃんから、いつもかわいがってもらい、餅をもらったり、お菓子をもらったり、ジュースを買ってもらったり。それが目的で、いつも僕についてきてるんやなかろうか?
b0013735_21151694.jpg
帰りは、スロープカーとケーブルカーを乗り継いで、下に降りてきました。
b0013735_21152785.jpg
だんだんとやりたかったことが動き出し、赤村発の新しいモデルができたらな、と思います。
[PR]
by sono3106 | 2009-05-18 21:53 | ┗━◇まちづくり
<< 明日は勝負のプレゼン! 6月6日(土)、7日(日)は、... >>