嫁さんの実家で過ごすお正月
結婚して初めて、家族そろって嫁さんの実家で年を越しました。
元旦に食べさせてもらった甘木のお雑煮は、煮もちですまし汁までは、岐阜と一緒ですが、
角もちではなく丸もち。さらに岐阜は、「もち菜」という小松菜に煮た野菜だけが入るシンプル
な雑煮ですが、甘木は、「かつお菜」「するめ」「こんぶ」「椎茸」「鶏肉」が入ってちょっと豪華。
お雑煮には必ず謂れがあり、その違いから、文化や地域性が見えるのかなと思いました。
b0013735_20184796.jpg
ちなみに岐阜には、下の妹が結婚する2月にみんなそろって帰省しようと思います。ところで、
話はちょっと脱線ですが、下の妹は、旦那さんの仕事の都合で、秋から福島のいわきに住ん
でいます。上の妹は地元岐阜に残っているので、九州、岐阜、東北と、結構なバラバラ感。
せっかくの機会なので、いわきにも一度行ってみたい。知らない土地は楽しそうですしね。

甘木では、昨晩から積もった雪で、雪だるまを作りました。手はジンジン。でも、こどもたちは、
表面に氷の張ったバケツに、豪快に手を突っ込み、びしょ濡れになりながら氷を割って爆笑。
いやいや、寒いとか関係ないのね。何はともあれ、甘木での年末年始を楽しく過ごしました。
さっそく今日は、午後から会社に出て書類や事務を片付け。そろそろギアチェンジですね!

2011年は、核となる自分の本質の「守る部分」と、時代や世界の流れ、自分自身のステップ
アップのために「変える部分」をきっちり区分して、攻めていければと思います。
みなさま、今年も宜しくお願いいたします。楽しいことをいっぱい仕掛けていきましょう。
b0013735_20191025.jpg
b0013735_20192586.jpg
b0013735_20194083.jpg

[PR]
by sono3106 | 2011-01-02 21:00 | ┗━◇ぱぱ
<< 子育ての記憶は上書き保存。 甘木は一面銀世界! >>