「ほっ」と。キャンペーン
細川家の殿様が毎年訪れた「甲佐町やな場」
熊本県の真ん中あたりに位置し、清流緑川が流れる甲佐町。
そこには、江戸時代細川家の殿様が、毎年訪れたといわれる「甲佐町やな場」があります。
b0013735_22341677.jpg
入り口を抜けると、そこには、歴史に裏打ちされた風格ある景色が広がります。
建物が川の上に造られていて、絶え間ない水の音と川面を流れる風が心地よいです。
b0013735_22344623.jpg
「鮎の南蛮漬け」、「鮎の卵のうるか」で始まり、「鮎のお刺身」、「鮎のお吸い物」と続きます。
お次は、「鮎の塩焼き」と「鮎の味噌焼き」。さらに、「わんこソーメン」、「うなぎの蒲焼」。
b0013735_22353278.jpg
締めのデザートは、「晩柑のゼリー」。
b0013735_22354783.jpg
時期的には早いようで、まだ鮎はほとんど落ちてきません。
b0013735_2236227.jpg
こんなところで、ゆっくりとお食事ができます。
b0013735_22364228.jpg
みなさま、一度行かれてみてはどうですか?かなりオススメですよ!
[PR]
by sono3106 | 2011-06-05 22:59 | ┗━◇ごはん
<< 赤村のマイ畑でじゃがいも掘り! 台風のなか、マリンワールドへ >>