お湯 みかん 露店
土曜のこと
夕方から数時間仕事の後、甘木の実家へ帰る。
どこかへ行こうと言うのはだいたい自分だが、今日は彼女の希望で、「杜の湯(美奈宜の杜温泉)」へ(最近、美容アドバイザー「佐伯チズ」さんの影響を受けて、お肌の手入れに全力を注いでいるためか!?)。実家から10分という近所の温泉だが、肌がつるんつるんになる絶品のお湯。その秘密は、ph9.8という強烈なアルカリ性。同じアルカリ性単純温泉で美人の湯として有名な、愛媛の道後温泉でもph9.0だから凄さがわかる。肌のぬるぬる感を確かめながら、ゆっくりと湯につかり今日を振り返る。
b0013735_2182448.jpg


日曜のこと
福岡県南部にある「みかんのまちY町」にて、農業従事者を中心としたワークショップにコンサルとして参加する。現在、町の農業や農村地域の振興に向けた計画策定をコンサルティングするお仕事を請けている(私はワークショップのお手伝い要員)。午前中は、地区のおじちゃん達と現地を歩き回り、地域の資源や課題を目で確かめる。午後は、それをマップにまとめ、今後実施していく事業を整理したり、地区の将来構想を描く作業を行った。
私のグループには30歳でみかん農家を継いでいる方(昼は農場、夜は歓楽街と大胆な生活を送っているようで、みかん農家に少しだけ魅力を感じた。が、そんな破天荒な生活はたぶん彼だけ。)がいたが、現実跡継ぎ問題は切実なようだ。また、先日の台風で、ハウスみかん用のビニールハウスが吹き飛ばされたり、みかんの値下がりで経営環境が厳しくなったりと苦労も多いようだ。
農家の方と話せるこういう機会は自分にとって、いわば無料(会社としてはお金をもらっている)の異業種交流会と考えることができ、貴重な経験だった。


月曜のこと
仕事を6時で切り上げ、箱崎宮の放生会へ。会社を出ると土砂降りの雨・・・箱崎宮へ着くと、傘のいらない小雨に。ツイてる!。参道は、ものすごい数の露店が並んでいる。台湾汁そば、梅ヶ枝餅、焼き鳥、豚バラ、シャーピン(薄い皮の間に具を挟んで焼いた中国式おやき)、広島焼きを食べ満腹。肝心のお参りは、途中から参道が砂利道になったため、パス。すいませんでした。
b0013735_22585251.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-09-13 23:06 | ┗━◇たび
<< 今から出発 ストライキするのぉ? >>