”かんしゃく”は 立派な大人の 入り口です
土曜のこと

昨夜は何度か激しくぐずった。泣き叫び、海老のようにそっくり返るのだ。
数日前まで風邪による微熱があり、その影響かとも思ったが、どうやらこれが”かんしゃく”というものらしい。ついに泰クンも仲間入りだ。少し成長したということだろう。
今日は、お昼から先日渡辺通にオープンしたBiVi福岡へ。駐車場も大きく、店内も余裕を持ったお店の配置。ACTUSの売り場が目を引き、1Fのパン屋”麹屋”もなかなか美味しかった。彼女は日頃の疲れをとるためゲルマニウム温浴&マッサージへ。50分間の後、仏のように満たされた顔をして出てきた。母親もときにはリフレッシュが必要だ。
その後、春日公園に立ち寄り、ひとり運動会。土管をくぐったり、芝生を歩いたり、どんぐりを拾ったり、石ころを食べたり?と大暴れ。
甘木に到着したのは暗くなってからだった。

日曜のこと

午前中は”あまぎ水の文化村”へ。1、2歳の子供たちが多く、ほのぼのした雰囲気の公園だ。広場の中央には山があり、泰クンはハイハイで上までひとりで登った。毎日毎日できることが増え、ひとつずつ成長していく。まさに実感。
昼過ぎには、甘木ジャスコへくつを買いに行く。歩き始めのこの頃は、つなぐ手も振り切りとにかく一人で歩きたいらしい。そんな折、エスカレーターに興味が集中。ここからが大変だった。近くによると危ないし、かと言って連れ戻すと例のかんしゃくが始まる。エスカレーターの真横で、腹ばいになってジタバタ、ジタバタ。今まで他人事だった「おーやっとるなぁ」という光景が、ついに我が身に。そうなりゃ、こっちだって”かんしゃく”起こしたい気分だよってんだ。
b0013735_1143034.jpg

蛇足だが、夜、ネットをウロウロしていると『ウィキペディア (Wikipedia)』なるネット百科事典にたどり着いた。やたらと詳しくて分かりやすいので、ついついはまってしまった。「避妊」、「2ちゃんねる」、「ドラえもん」などをキーワードに検索したが、詳しくて感動する情報が満載だった。
[PR]
by sono3106 | 2004-10-04 01:30 | ┗━◇ぱぱ
<< あそぶなら おしいれの中が ナ... 一生懸命遊んだ後は、ぐっすり寝... >>