沖縄回想~フクギ並木をあるく
b0013735_2102477.jpg古民家宿泊体験記、今回で2回目です。今日は古民家のある備瀬地区を紹介します。

この備瀬地区は、「沖縄美ら海水族館」から車で約5分、200戸程度の小規模な集落。ここの住宅のほとんどはフクギと呼ばれる屋敷林に囲まれ、フクギとは沖縄で古くから防風林として用いられているものです。数千本の備瀬のフクギのなかで、古いものは樹齢300年のものもあるそうです。

集落内を迷路のように続く、フクギ並木の小路を散歩すると、突然海に出たり、シーサーと出会ったり、そこらじゅうで発見があります。旅の演出は「非日常性」だと多くの人は言いますが、私はむしろ「住みたかった日常、あこがれていた日常」にこそ、真の旅の楽しみ、感動があると思います。

b0013735_23395554.jpg b0013735_23401163.jpg b0013735_2340242.jpg










b0013735_2365351.jpgb0013735_09214.jpgb0013735_091457.jpg
[PR]
by sono3106 | 2008-03-16 23:59 | ┗━◇たび
<< 和馬、食べる。 波佐見がふるさと!? >>