まちづくりの目指すところとは?
b0013735_001051.jpg
その問に対する私なりの答えは、「自分のまちを愛すること」だと思います。
そう思える人を地域で育てていくことが、「まちづくり」ではないかと思っています。

ところで、6/21、22の2日間にわたって開催した「たかとり灯籠音楽祭『竹音人』」ですが、
旅館西新荘や昭和レトロカフェはいから倶楽部の空間をお借りして、竹灯籠の展示や音楽の
ライブを開催させていただきました。それらの取組みを通じて「高取の地域を元気にしたい!」
「住んでいる人に、もっとまちを好きになってほしい!」などの思いから企画をしました。

しかし、実は他にもいくつかの思いがあります。
最近、農山村部では、高齢化などにより手入れの行き届かない「竹林」が多く見られるように
なってきました。それらの多くは、竹の持つ強い繁殖力により、隣接する畑や山が侵食され、
ひとつの環境問題とまで言われるようになりました。今回は、前原の農家さんのご厚意で、
手入れができていなかった竹林をお借りし、手入れを兼ねた竹伐採をさせていただきました。

イベントによる一過性の活動では、根本的な解決は望めませんが、イベント通じて環境問題
の認知、さらに環境に配慮したライフスタイルへの変化が図られればうれしいなと思います。

また、これまであまりなされてこなかった、地域住民や地元学生、こどもたちが自主的に参加
できるイベントとして、竹の伐採や竹灯籠の制作の過程から入ってもらい、みんなで考えなが
ら、ともに汗を流してつくり上げていければいいなと考えています。それが将来の展望です。

もし秋に竹灯籠イベントが、今回よりも少し大きい規模でできるならば、8月ぐらいには、たくさ
んの参加者を募って、「竹伐採&竹流しそうめん&BBQ」企画をしたいななんて思ってます。
それから、みんなで竹灯籠を思い思いのデザインで制作し、イベント終了後には持って帰って家で使ったり、誰かにプレゼントしたり、そんなことができたら楽しいだろうなと考えています。

「I Love 高取」から「We Love 高取」に広がっていけばうれしいな。
[PR]
by sono3106 | 2008-06-26 00:42 | ┗━◇まちづくり
<< 今朝の西日本新聞に・・・ 最近のSAは・・ >>