カテゴリ:┗━◇まちづくり( 199 )
長崎のまちは・・・
b0013735_18393460.jpg

b0013735_18393485.jpg

龍馬! 福山!! 龍馬!!! 福山!!!!

いたるところに、あっちも、こっちも、龍馬と福山だらけ〜

そこまでするんかいっ!ってくらい。

これを地域のバックアップなしに、仮に福山の事務所が単独でプロモーションしたとしたら、いくらかかるっちゃろ?

大事なのは、仕組み。まちと芸能人が、互いに得するタッグ。

余談ですが、福山一色のアミュプラザのスタジオに、キマグレンがいました〜
[PR]
by sono3106 | 2010-07-20 18:39 | ┗━◇まちづくり
おだやかな有明海
b0013735_1518154.jpg

を眺めながら、電車の中で慌ただしく、仕事しております。

電話で中断することもなく、はかどってるから有意義なような、でも、なんとなくもったいないような。

まぁ、とにかく、楽しく楽しく仕事をしましょう。
[PR]
by sono3106 | 2010-07-20 15:18 | ┗━◇まちづくり
梅雨明け〜
b0013735_1161081.jpg

b0013735_1161073.jpg

梅雨明けたみたいですね。
わが家は三連休の初日、以前お仕事させていただいた、熊本の山鹿におでかけしてきました♪

矢谷渓谷の冷たい水に足をつけて水遊び。
近くのマスとヤマメの釣堀で、こどもたちからせがまれてた釣りをして、
釣った魚と山菜と地鶏の田舎料理を食べました。
そして、鹿本の水辺プラザで、お土産を買って、帰りは平山温泉の家族湯に。
独特のトロットロッのお湯に肌がつるつるになって感激でした。

夜は地元に戻り、地区の会議に参加して、今朝は校区のリーグでソフトボールを。
猛暑の上、今月から試合時間が30分延びて80分になり、
さらに守りの時間も多かったので、もうバテバテ〜。久しぶりに、汗をたっぷりかきました。

町内の夏祭りやえがおの学校、唐津街道サミットなど、来週末から3週続けて、
自分が関わる催しが6件あるんで、無事成功できるよう楽しんでやろうと思います。

(うちの庭でとれたトマトです。ゴーヤもすくすく成長中。)
[PR]
by sono3106 | 2010-07-18 11:06 | ┗━◇まちづくり
平成22年7月 えがおの学校が開校します
福岡地区は川崎町と赤村で開催します。
昨年は、受講生として参加させていただきましたが、
今年は、受講生をサポートする役割で事務局のお手伝いをさせていただきます。

平成22年度 経済産業省 地域新事業移転促進事業として、
特定非営利活動法人えがおつなげてでは、
昨年に続き、平成22年度(2010年)の募集を開始致します。

「えがおの学校」は、
都市農村交流(農商工連携)マネジメントコーディネーター育成を目的に
開講している講座です。

応募期間:2010年6月28日(月)まで
詳しい情報、申請書類、申込みなどは
「えがおの学校」オフィシャルサイトへ
[PR]
by sono3106 | 2010-06-22 23:30 | ┗━◇まちづくり
あじさい通りは、地域の自慢。
b0013735_21373833.jpg
僕らの住む町内には、あじさい通りという、地元では、ちょっとだけ有名な通りがあります。
その長さわずか120メートル。水路に沿った、車のすれ違いができない道幅の狭い通りです。
しかし、そのたった120メートルの空間に、実は深い深いドラマがあったと昨日知りました。

あじさい通りが生まれるきっかけは、実に36年前。当時、水路に面する道路は、
舗装もされず、しょっちゅうへびが出て、通り沿いに家を構えた、夫婦の娘さんが、
小学校に通うため、家の前を通るのが苦痛なほど、ひどい荒れようだったとのこと。

そんな道をきれいにしながら、いつか花が咲き誇る、みんなが通りたくなる道になるようにと、
願いを込めて、その夫婦が1本のあじさいを植えたことに始まります。昭和48年のことです。
以来36年間、夫婦二人三脚で手入れを続け、この規模になるまで少しずつ広げてきました。

あじさいの咲く6月の一時期だけのために、一年を通して、下草を刈り、肥料をやり、剪定を
します。咲いた時、一番きれいに見えるように、色の違うあじさいをどう配置するか下絵を描
いて、苗を植えていきます。また、咲いた時の色がわかるように、一本一本の茎には、花の
色を示すテープが巻かれ、色に合わせた肥料が施されます。すべては、ふたりの手作業。

最近では校区のまちづくり実行委員会や老人会、地域の有志も加わりはじめ、少しずつ活動
が認知されてきました。また、最近の市報でも取り上げられ、そのきれいなあじさいを見る
ため、人が訪れるようにもなりました。それに伴い、またちがった問題も生まれてきました。

あじさい通りを、みんなで守っていきましょう!なんて、そんな単純なものにはしたくない。
この夫婦の「想い」とその「歴史」を、どう受け止めて受け継ぎ、みんなで共有していくか。
それが、まちづくりであり、活動を続けていくことの根幹、本質かなと、僕は思うのです。

思い込みのメガネを外すと、そこには、実はすごい先輩がたくさんいることに気づきました。
b0013735_21375081.jpg
b0013735_2138646.jpg
b0013735_21381640.jpg
b0013735_21383095.jpg
b0013735_21384440.jpg
b0013735_21572726.jpg

[PR]
by sono3106 | 2010-06-21 22:02 | ┗━◇まちづくり
つばめ〜
b0013735_126383.jpg

今日は南の方でプレゼンです!

ガツンと気合い入れたプレゼンで、必ず取ってきます!
[PR]
by sono3106 | 2010-05-28 12:06 | ┗━◇まちづくり
うまかもん、肉&肉。
b0013735_353458.jpg

b0013735_353486.jpg

先日、会社の同僚と、博多駅にある肉が自慢の居酒屋に行きました。
はじめて肉モツ鍋なるもの、食べました。
華やかなビジュアルに、一同みな目がくぎ付けになりました。
脂がうまくてとろける肉、歯ごたえあり味に深みあるモツ、その両方が楽しめる贅沢な逸品でした。
[PR]
by sono3106 | 2010-05-25 03:05 | ┗━◇まちづくり
神幸祭 in 赤村
b0013735_256299.jpg

ちょっと前のこと。
ゴールデンウィークに赤村のみはっさんに誘われて、地域のお祭りに加勢してきました。
みはっさんの住む内田区で毎年開催される『神幸祭』です。

こどもと大人が一緒になって山車を引き、集落を一軒ずつ回ります。
各家の軒先では、お酒とおつまみ、ジュースとお菓子が、きちっと用意され、一軒ずつ休憩しながら、談笑するわけです。
そして、最後にご祝儀とお土産(こどもたちにお菓子のふくろづめ)をいただいて、次の家に向かいます。

結局、集落の50軒以上を回るのにかかる時間は、6時間以上。
公民館に戻ってきたのは17時過ぎでした。
へとへとになりましたが、よりディープな赤村が見れて、大満足の一日でした。
泰生は、大きい買い物に3袋分もお菓子をもらって、さらに大満足だったみたいです。
[PR]
by sono3106 | 2010-05-25 02:56 | ┗━◇まちづくり
マイナスイオン!
b0013735_16215241.jpg

b0013735_16215232.jpg

b0013735_16215284.jpg

[PR]
by sono3106 | 2010-05-11 16:21 | ┗━◇まちづくり
限界集落に起きた奇跡 ~和水町なごみの郷高野~
2年前、はじめて訪ねた公民館でのこと。

「あんたら来るんは、10年遅かったばい」の言葉。

いまでも、忘れられない。

あれから、2年が経ち、「いつはじめても、遅すぎることはない」とわかった。

それは、自分だけじゃない。集落の方々も、きっと同じ想いだろう。

そうでなきゃ、こんな笑顔はできない。

地域づくりは、ワークショップをすることではないし、看板を作ることでもない。

祭りをすることでもない。それらすべては、目的を達成するための”手段”。

”住んでいる人が笑顔になる”ことが、地域づくりの目的であり、

そこにたどり着くための道筋の支援が、自分たちの役割である。

この仕事は、本当におもしろい。そして、ハッピーな仕事だ。

遠く離れた、ある村の、ひとりのおじちゃんが、笑顔になれるお手伝いができる。

”なごみの郷 高野”の活動は、いま始まったばかりである。
b0013735_2492133.jpg
b0013735_2494465.jpg
b0013735_2495980.jpg
b0013735_25095.jpg
b0013735_2502317.jpg
b0013735_2503560.jpg

[PR]
by sono3106 | 2010-04-28 02:51 | ┗━◇まちづくり