<   2004年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
苦難を感謝に変えること とても大事なこと
台風16号が九州に接近するということで、仕事に備え日曜から宮崎県日向市に入る。仕事とは月曜11時から東郷町という町で行われる入札のことだ。日向から西へ車で約20分、山あいに入ったところにある小さな町。
9時にホテルを出発するが、風と雨は強いもののどうてことはない。しかし、役場に着くと状況は一変。途中でもぎ取られた太い枝、町の観光案内版、パチンコ屋の金属屋根、民家の瓦が吹き飛ばされる壮絶な景色。うーむ、神の力。
結局、町内で災害が多発しているため入札会どころでなく中止、しかも日向につながる唯一の道路は、近くを流れる耳川の水が溢れ冠水状態(つまり外界から町が孤立している)。また、動ける範囲にある商店はすべて閉店のため、昼食もおあずけ状態。かと思われたが、災害復旧本部の方から、何とおにぎりを。
・・・ なんて美味しいおにぎりか! 梅干しよ、かつおふりかけよ、本当にありがとう。

夕方5時半まで、地元の方や消防団の方とお話ができ、そして読みたかった本(江原啓之「スピリチュアル ワーキング・ブック」については、後日感想を書かせていただこう)をじっくり読むことができた。ツイてる。

帰り道は、延岡でまたもや道路冠水に遭い、高速道路は全線通行止め、結局大分経由の下道でひたすら福岡を目指した。

ただ、延岡の冠水でがっくりした瞬間、振り返ると台風一過の夕焼け。気持ちもパッと晴れた。そして、五ヶ瀬の濁流が、2年前ラオスで見たメコン川をフラッシュバックさせ、また旅に出たくなった。
b0013735_2205778.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-31 03:12 | ┗━◇たび
名古屋発B級グルメ
帰省したときに「チャオ」というお店で買った、名古屋名物「あんかけスパゲッティ」を昼食に作ることにした。僕は、学生時代に慣れ親しんだ味、しかし彼女にはまったく初めての味。本によっては、半B級グルメ的な表現をされることが多いため、初級者には受け入れやすそうな「ミラカン(ウインナー、オニオン、ピーマン、カットトマト、マッシュルームetc.)」と「ピカタ(豚肉のオムレツ)」を食べてもらうことに。
茹で上がるのに13分もかかる2.2mmの極太麺を、茹で上げ後フライパンで数分間炒めるのが特徴だ。別に作っておいたミラカン、ピカタの具をのせ、まわりにチャオ特製の”あん”をかければできあがり。(B級グルメの宝島名古屋と言えども、決して”あん”は”餡”でないのでご安心を。)お味は彼女にもまずまず好評で、食べながら学生時代の数々の甘く酸っぱい思い出にふけってしまった。
b0013735_22151627.jpg

蛇足だが、恐るべし名古屋には本当に”餡”をパスタにのせて出すお店がある。その名は「喫茶マウンテン」。名古屋で知らない人はいない、究極の名店(迷店?)だ。人気ナンバーワンメニュー、それは「甘口小倉抹茶スパ」。抹茶スパゲッティと小倉(あんこ)、生クリームのハーモニーが絶妙な一品。
b0013735_22482344.jpg

なぜ注文が多いかというと、学生グループの罰ゲームや部活の新歓イベント、全国各地からの恐怖体験などに利用されているからである。調子に乗って「携帯ストラップ」を作ってしまうほどだ。

話が非常にそれたが、夜は室見小学校で夏祭りを楽しんだ。たくさんの子どもたちと、元気なおじいちゃんおばあちゃんに出会うことができた。
なかなか満たされたイチニチでした。パチパチ。
b0013735_22154383.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-28 23:05 | ┗━◇ごはん
さきのこと
一昨日は、一緒に働いていたY氏が退職するということで第一弾送別会をした。結局深夜まで中洲を3軒はしご。お金も使ったが、普段なかなか集まることのできないメンバーで、結婚や恋愛に関する貴重な経験談を聞くことができた。それにしても、一切仕事の話が出なかったのが何とも気持ちいい。
疲れが残る昨日は、朝からお仕事で都市圏南部のT市へ。公共施設の省エネルギー化を考える会議は、稀にみる紛糾ぶりで、今後の私たちコンサルの働きが非常に鍵を握っていると実感した。

そして今日は、入札通知書を受け取りに熊本県北部のK市へ。往復の高速で、じっくりと今後の自分について考えることができた。要するに”身の振り方”だ。結構最近考えている。事務所も、3年前最大で13人いたが、現在では9人。1ヶ月後には7人となる。会社の現状や業界の将来、住む土地(福岡・東京・岐阜)、泰生の生活環境、自分の希望、里佳ちゃんの希望、親の希望、なかなか難しい課題だ。
仕事の帰りがけに、同僚Qちゃんともそんな話をした。ひとつだけ答えは見えたかな。自分(ゆくゆくは家族)が、一番前向きになれる選択をすればいいのだと。話してよかった。余分な知識もいっぱいもらったしね。ついてる

主役はあんた。
b0013735_0265320.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-27 00:30 | ┗━◇ぱぱ
はやくいっしょにお散歩ができたら
b0013735_23521312.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-23 23:50 | ┗━◇ぱぱ
CDデビュー
岐阜での学生時代、仕事先の先輩だった 「伸吾くん」が、8/4歌手としてデビューした。
確かに歌はうまかったが、何よりオトコらしく前向きな心がカッコよかった。
出会ったとき、”これほどポジティブに考えられる人がいるんだぁ”とびっくりした記憶がある。

今回のCD、決してメジャーレーベルではないが、岐阜の有線ではヘビーローテーション、またテレビ東京「音楽的流行」(福岡未放送)のゲスト出演など、精力的に活動しているとのこと。
先日6/28横浜アリーナにて開催された、プロポクシング・ダブル世界タイトルマッチ(王者徳山昌守の防衛戦)において、君が代を独唱したらしい。(彼の実家にて、その時のビデオを見せてもらったが、こっちまで緊張が伝わってきた。)

努力してやっとつかんだチャンス。大きく大きくメジャーになってほしい。
いつの日かHEY!HEY!HEY!で、松本とのカラミが見られますように!

ホントにがんばれ!!

追伸 : 彼に対して申し訳ないと後悔していることがヒトツある。友達とスノボに行くことになった僕が、道具をもっていなかったため、伸吾クンに貸してもらうことに。彼は忙しい中、わざわざ仕事前に自宅に届けてくれた。しかし使った後、都合が合わなかったり、なんやかんやで返さずじまい。のちに「いいよいいよ。あげるから使って。」と言ってくれたものの、なにやってたんだろうと反省だけが残る。

加藤 伸吾 デビューマキシシングル 「 別れを・・・ It's so hard 」  →購入はこちら

b0013735_22335966.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-23 23:42 | ┗━◇そのほか
最近、カタカタが楽しくてしかたありません。
b0013735_20463185.jpg

[PR]
by sono3106 | 2004-08-22 20:45 | ┗━◇ぱぱ
あさ
昨日は、奥さんの実家で、ほんの少し飲んだビールにより9時に就寝。
朝目覚めると5時。がんばって寝たが6時にまた目が覚める。
することがないので、似合わないが早朝から周辺をウロウロ散歩。
すれ違う8割の人が、「おはようございます」かお辞儀をしてくれる。
甘木という地域性か、健康的な人達の集まりだからか。
ありえないが、昼間の天神で同じことをされたら、驚くと同時にひくだろう。
なにはともあれ、挨拶を大声で交わし、気持ちよく1時間あまりを過ごす。
その他の収穫は、ジャンボタニシの卵を見たこと、牛舎を発見したこと、太陽光発電している家を見つけたこと、そして新設道路を開通前に歩けたことだ。

こんな朝も悪くない。
[PR]
by sono3106 | 2004-08-22 16:51 | ┗━◇そのほか
あげましょう と やりましょう
①桃太郎さん 桃太郎さん   ②○○ましょう ○○ましょう 
  お腰につけた きび団子    これから 鬼の征伐に
  一つわたしにくださいな     ついて行くなら○○ましょう

「○○には何が入ると思いますか?」社用車のラジオから流れた質問だ。
私は「あげましょう!」と即答。

しかし、正解は「やりましょう」というのだ。自信があったのだが・・・。
大半の方は、私と同じ答えではなかろうか。
それには、日本語の崩れ(変化)が影響しているようだ。

花に水をやる → 花に水をあげる
犬にご飯をやる → 犬にご飯をあげる

本来の意、「あげる」は「やる」の謙譲語である。つまり、目上の人に「やる」ときに用いる言葉である。しかし、最近「あげる」の持つ敬意が薄れてきているのと同時に、「やる」は丁寧でないという見方があるようだ。さらに言えば、「さしあげる」という言葉が用いられるようになったのも、「あげる」では満たされない敬意を表すために発生した動きとも取れるのである。

サルや犬やキジには申し訳ないが、本来「やりましょう やりましょう」で十分であるという結論だ。

車の中で、変化する日本語を実感した。
ちなみに、「食う」と「食べる」の関係にも置き換えることができるそうだ。
[PR]
by sono3106 | 2004-08-21 00:33 | ┗━◇そのほか
ブログデビュー
普段なかなか進まない日記・・・
継続が何より苦手な自分にとって、もともと無理だったのか。
いや、そんなことないはず。日記がもっと書きやすければいいんだ!
同僚に進められるまま、最近ハヤリのブログに乗り換えることにした。新しいものは、とにかく試したい!

アテネオリンピックで、連日日本のメダル獲得が伝えられる中、柔道シドニー五輪覇者のエース井上康生がまさかの敗退。プレッシャーは、こんなにも簡単に過去の努力を打ち砕く。心を鍛えるためには、さらにどんな努力が要るのだろう。

先日の体操男子団体では、久しぶりに心の汗をかいた。最初の種目「床」で出遅れた日本だが、最終日本のお家芸でもある「鉄棒」で、3人揃って完璧な演技を披露し、逆転するというこの上ないストーリーだ。
富田は本当に凄かったとして、そのできごとから生まれる感動を百倍にして伝えた「男」がいる。
NHKアナウンサー「刈屋富士雄」だ。
古舘にも、三宅や角澤にもできない、綺麗で真っ直ぐなフレーズが心に響いた。

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への懸け橋だ!」
[PR]
by sono3106 | 2004-08-20 02:19 | ┗━◇そのほか