「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧
楽しみはそこらじゅうに
11:00 起きる
11:30 あったかいココアとLa Briocheのパンをひとかけら
13:00 マリノアシティ着後、九州のムラ市場で新米おにぎり 米はピカピカ光る
14:00 遊キッズ愛ランド にて泰くん走り回る
15:30 晩ごはんの買い物は かどた
16:00 マリナタウン海浜公園 ばりさむい
16:30 家に帰ってごはんの準備 部屋かたづけて洗濯干して料理手伝う
18:00 マッチ、ゆきさん、杉山さんと晩ごはん 久しぶりに我が家に来てもらう 来週は野球のシーズンイン 練習のため行くことにした とても楽しみぃ
2:00 寝よう 明日はK大教授との最終協議 無事に進行しますように

泰くんを乗せて走る自転車を買いたいと彼女が言いました。行動範囲が広がり、泰くんにとっても新しい発見がありそうなので賛成です。調べてみると、前乗りや後ろ乗りだけでなく、前のカゴがそのまま子供乗せ兼用というのもありました。

甘木の彼女のお父さんが、親戚から畑を借りて農業らしきをすると聞きました。朗報です。しかも、畑が広すぎるので、私も何か自分で作っていいとのこと。私は、以前から「大豆」を作りたかったので、さっそく調べてみることにします。ただ、頻繁には帰れないので、作付け品種選びも大切になりそうですが・・・。

最近手持ちの中国株2銘柄が好調です。1年弱で3割増といったとこでしょうか。0883中国海洋石油(CNOOC)は、世界的な原油高と中国内のエネルギー不足を背景に顕著な価格上昇です。もうひとつの、0588北京北辰(ペキンノーススター)も北京のマンション建設ラッシュと2006北京五輪プロジェクトを背景に好調です。

そこらじゅうに、楽しいことは転がっているものですね。

さきほど26歳になりました。
[PR]
by sono3106 | 2005-01-31 02:18 | ┗━◇ぱぱ
彼女の苦悩
先日彼女からこんな話を聞きました。

天神で買物を終え、地下鉄で帰っていた時のことです。
泰くんをベビーカーに座らせ、ベビーカーの押し手には荷物をかけていました。
まもなく室見というところで、泰くんが半分泣きかけになりながら「ダッコ」を求めてきました。
彼女は、どうして抱っこしてほしいのか、抱き上げた後どうなるのか分かっていたので、応えられなくてごめんねと思いながら、泰くんをなだめ、到着を待っていました。
そんな時、年配の女性が、人前で「抱っこしてあげればいいのにぃ。こんなに言っているじゃないの。かわいそうにねぇ。」と言われたそうです。
彼女は、この言葉にとてもショックを受けて、泰くんの気持ちに応えられなかった自分を責めました。

実はこの話を聞いた時、私は「へーそんなことあったんだぁ」ぐらいに聞いていたのです。
翌日、仕事中に車の中でふと話を思い出すと、「こりゃ大変だ」と慌てました。
どうしようもない状況を、一人で背負い込み自分を責めるのは間違っている と思ったからです。すぐに、彼女に電話をかけました。

仮に、彼女がそこで泰くんを抱っこしていたとします。
今までの経験からいくと、泰くんは抱っこが目的ではなく、自分の足で電車の中を歩くことが目的なのです。
泰くんをベビーカーから下ろすと、荷物の重さで後ろに倒れ、さらに泰くんが歩き回るとしたら、とても彼女一人では相手できないのです。
抱っこした上で歩かせるのを拒めば、もっと過激な要求(ダダ)が待っています。
彼女は、それを予測した上で、自分にだけでなく、泰くんにとっても良い選択をしたのです。

中年女性の軽率な言葉にも配慮を感じませんが、子育てをがんばる母親にはいろいろな障害が多いと感じました。
同じような言葉に傷ついた母親も多いと聞きます。
母親がショックを受けるのは、それだけ真剣に子供のことを考えているからです。

父親にも、直接的ではない子育ての大切な役割があるようです。
いやぁ、毎日が勉強ですね。
[PR]
by sono3106 | 2005-01-27 19:47 | ┗━◇ぱぱ
たまには手抜きを・・・
家に帰ると、おもちゃの車が無残な姿になっていました。
畳の上を元気に快走していた頃が懐かしい・・・。
b0013735_015929.jpg
お風呂では、じっーとしていることがありません。
踊ったり、浮かんだり、ブクブクしたりします。
b0013735_0153150.jpg
私も彼女も大好きな「ざる豆腐」です。唐津の川島豆腐店の逸品です。
九州内の大豆にこだわっています。市内ではボンラパスなどで手に入ります。
b0013735_0161016.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-01-25 23:59 | ┗━◇そのほか
連呼される言葉たち
泰くんは最近たくさんの言葉をしゃべるようになりました。

私がパソコンをしていると、足元にしがみついて だぁっこ(だっこ) を求めます。
お散歩に出ると、かーかー(からす) や わんわん(いぬ) を探します。
甘木に帰ると じーじ(おじいちゃん)や ばーば(おばあちゃん) にだっこされます。
ご飯が始まれば かんぱーい(乾杯!) と叫び、ぶぶ(お茶) を欲しがります。
そして てて(手) が、机の間にはさまれば あいたぁ(あ、痛い) と言うんです。

もう一人のオトナみたいです。
子どもの成長はとてつもなく早く、親の成長がついていきません。

生まれた頃が懐かしく感じられます。(それにしても極端に太いじゃん)
b0013735_0145874.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-01-24 23:59 | ┗━◇ぱぱ
ふつうの休みを求めてました
昨夜は家に仕事を持ち込んだため、寝たのは明け方近くになってしまいました。
当然のことながら、起きると昼前。
この仕事の仕方はどうなんでしょうか。
夜の静かな時間は集中力を高め、一気に仕事が進みます。
がしかし、週が明けると勤務時間という一般的ルールの中で破綻することは目に見えています。一時的に踏ん張れても、継続性はないということです。
今月中にはかたが付くので、社会人らしい生活をしたいと意気込みます。

昼ごはんの前に、泰くんと二人コンビニまで散歩に行きました。
昨日の症状は少しずつ改善され、元気がありあまっています。
普通なら2、3分の道のりが、自販機のボタンを押し、空を見てカーカー(カラス)を探し、通りがかりの犬に駆け寄り、往復すると20分もかかってしまいました。
せっかくのパスタが伸びていました。がっかり・・・。
彼女の作った、五穀米とTOKYO-Xを使ったチャーハンは絶品でした。
ご飯が美味しいと、とても元気になりますね。

お昼過ぎには、昨日の続きの仕事をしました。

夕方、姪浜のハローデイに買い物に行きました。付き合うのは久しぶりです。
新じゃがの馬鈴薯が美味しそうで、晩ごはんはビーフシチューになりました。
帰り道、小田部のラディッシュベーカリーに寄りパンを買いました。

夜は、泰くんがグズったので、ビーフシチュー作りを手伝いました。
食後には、杏仁豆腐を食べて、泰くんとお風呂に入りました。

だらだらとできごとをつづりましたが、あんまり多くを考えず過ごす一日はなかなかいいものです。家族とゆっくりがなにより。
b0013735_284914.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-01-23 23:59 | ┗━◇ぱぱ
救急車のご厄介
朝、彼女からのメールで起こされる。
すぐに電話をかけると、「早朝泰くんが救急車で運ばれた」って。
「たいしたことないよ 大丈夫」の言葉に安堵するが、突然の話で何がなんだか分からない。

聞くと「夜中に嘔吐をくり返し、泣き方が普通じゃなかったから、お父さんお母さんと話して病院に連れて行こう」ということになったらしい。宿泊中のホテルは街中から離れており、近くに救急病院もないということで、ホテルの方の計らいで救急車を呼ぶことになったとのこと。
当の本人は、救急車に乗ったとたん泣き止んでキョトンとした顔になったらしい。
着いた病院では、「何で救急車で来たの」って。

それでも、移動中や病院でも何度か嘔吐したらしいので、慎重な良い判断だったと思う。診察によると今流行の 嘔吐下痢症 らしい。ノロウィルスってやつかな。
まあ元気になったので良かった。安心した。
電話口では冷静を装ったけど、内心はドキドキしていたわ。

結局、彼女もお父さんもお母さんも、ほとんど寝られず福岡まで戻ってきたらしい。
私が仕事から帰って甘木に電話をすると、お母さんが「いないときに連れ出して、こんなことになってごめんね」と。「たまたまタイミングが悪かっただけですよ。家にいたって風邪ひく時はひきますから。こちこそ大変な思いさせてすみません。」と返した。
彼女から聞いていたが、お父さんお母さんは今日の事をそんなふうに思い、私に申し訳ないと感じていたと。私自身、そんなこと思ってもいなかっただけに少し驚いたが、立場違えばそう思うのも分かる気がする。

お父さんお母さんには、今まで以上にいろんなところへ連れてってもらいたいし、一緒に出掛けたいと思う。その気持ちを、今度甘木に行ったときは伝えてみようかな。

まずは、泰くんが完治することから。
[PR]
by sono3106 | 2005-01-22 23:59 | ┗━◇ぱぱ
ちょっと気になるお宿たち
旅行業界を目指したこともある私は、今でも旅記事や宿情報には敏感に反応してしまいます。そこで、以前から気になっている 宿 をいくつか紹介します。いつか家族を連れて行ってみたいですねぇ。

送陽邸 (屋久島 永田いなか浜)
古民家を移築した宿。
太い梁の通った天井の高い部屋が魅力的。
各部屋には星見台があり、夜寝転がって星をぼーっと眺めることができる。
究極の癒しを求めて訪ねたい。
b0013735_1174292.jpg


洋々閣 (唐津) →HPヘ
唐津で屈指の名旅館。
明治大正の面影に現代建築を調和させた純和風の造りに惹かれる。
老松が群生する庭園を眺めての昼寝はきっと格別。
b0013735_215177.jpg
b0013735_149955.jpg


ランプの宿 (石川県珠洲) →HPへ
私が大学生の頃もっとも憧れた秘境の宿。
昔は電気が通っておらず、ランプの明かりだけだったらしい。
現在でも、棟をつなぐ回廊には、ランプがいくつも連なり幻想的な雰囲気。
(HPを見ると、以前はなかったはずのプールができておりちょっとがっかり。)
b0013735_21534.jpg
b0013735_211422.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-01-21 23:59 | ┗━◇たび
仮面夫婦
6:30 家を出る
7:40 福岡空港発 JALでごじゃる
 毎回乗るたび忘れていて驚くのが、てくてくと滑走路を横切って搭乗するということ
 しかも、タラップはアルミ製の高級なハシゴ?といったところです
 ビジネスマンらしくないロークオリティです
 でも、高○クリニックのCMのように自家用ジェット機と勘違いすれば、とてもハイクオリティですね
8:30 宮崎着
9:10~11:00 県庁
11:00~12:00 市役所
12:20 ごはん 喫茶店でドライカレー食べました
13:00~13:50 県庁で入札
14:00~14:30 また市役所
15:00 お土産を物色 会社のみんなに 青島ういろう を買いました
15:10 宮崎空港発 JAL 搭乗率はほぼ100% 需要があるんですね
16:00 福岡着
17:00 帰社

宮崎では、なんだか行ったり来たりでした。
今日もモチベーション高く、自分としてはいい働きができたと感じます。

話は変わりますが、お昼に彼女からメールがありました。
「お母さんの仕事が急に休みになったので、お父さんも一緒に今から鹿児島にでも旅行に行かないか」とお誘いがあったとのこと。
「いいよぉ!楽しんでねぇ (ちょっと寂しいけど・・・)」と電話で答えました。
今日明日は仕事が遅く、一緒にいてあげられる時間も少ないので、その方がいいと思ったからです。

それにしても、彼女のメールには
「仕事中ごめんね。 ・・・だから行ってきてもいい?一人にしちゃうけど・・・。」と。
そんなふうに言われたら、もちろん「いいよぉ」って言っちゃいますよね。
うまいんだよなぁ。
彼女には、何か常に上手を行かれているような気がします。
普段は決定権私が握ってるんですがねぇ(握っている気がするんですが・・・自信なくなってきた)。
要するに転がされているということかもしれません。

ということは・・・ それなら、思いっきり気持ちよく転がった方がいいですね。

そんな仮面夫婦を目指してみましょうかね。 カンパ~イ!
b0013735_1131353.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-01-20 23:59 | ┗━◇ぱぱ
そ・わ・か
なぜだか最近調子がいいんですね。
とても高いモチベーションを維持しています。
しかも、どんどん成果がついてくるんです。
難航していたT市の委員会がまとまる方向に動き、今年度の発注が危ぶまれたK市大型物件は無事に受注できそうです。また、新規の物件がいくつか挙がり、突然の飛び込み物件もありました。

その理由は、同僚Qに教えてもらった 「そわかの法則」 にありそうです。

「そ」 掃除  「わ」 笑い  「か」 感謝

この3つを実践できる人は、必ず幸せになれるという法則です。
(くわしくは コチラ を見てください)

私について言うと、「笑い」は以前からできていたように思います。
最近は、いろいろな状況や結果、出会った人に「感謝」できるようになりました。
「掃除」ですが、これは今のところなかなかできていないのです。
しかし昨日は夜中に帰ってきて、トイレ掃除を始めました。
そして早速今日いいことがありました。

まあこんなところで、ツキのある楽しい生活を目指している毎日です。

この手の話は、正しいかどうかが重要ではなく、そう信じて実践することが大切だと感じます。
だって、楽しいことは、いくつあってもいいんですから。多い方がいいですよ。

明日はどんないいことがあるんでしょう。
ちなみに県庁で入札のため、明日は飛行機で宮崎出張です。
[PR]
by sono3106 | 2005-01-19 23:28 | ┗━◇ぱぱ
泰生がいるからです。彼女がいるからです。
家族と自分の身体に午前中の代休をとりました。
おかげで十分な睡眠と、3人での外ランチを手に入れました。
楽しくてゆっくりできて、実に有意義な時間でした。
夜中の3時間と昼間の3時間は、大きく価値が違います。
泰生がいるからです。
起きているか寝ているかは、元気の源に結構作用するものです。
たまに、夜中に帰って寂しくて、ツンツンしていると起きてしまい、彼女をがっかりさせることもあります。(寝かせるのが大変なことは知っていますよ。でも・・・・・・。たとえ何言っても、本当の苦労は彼女しかわからないはずですね。)

彼女は、私の仕事が遅かったり休日に出勤しても、今まで一度として不満を言ったことがありません。それどころか「大変やねぇ お疲れさま」と返してくれます。
これは、とてもむつかしいことだと思います。
今週は、あれをしたかった、これをしたかったと、彼女なりの希望があったはずですから。
でも、いつも決まって「大変やねぇ お疲れさま」と返してくれるんです。
うれしいじゃないですか。ほんとにありがたい。あったかい言葉。

そう言われると、無茶しても時間を作ろうとがんばっちゃうもんなんです。
言葉とは、不思議なものです。

ウチは彼女でもっていますから。私はほんとにツイてますよ。
[PR]
by sono3106 | 2005-01-18 23:59 | ┗━◇ぱぱ