「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
小倉を歩く
今日は、電車に揺られて北九州市役所へ向かいました。
来年度に実施予定の、ある事業について、補助金申請のノウハウを提供するためです。ちがう言い方をすると、先行的な営業行為ということになるでしょうか。

ソニックを小倉で降り、改札を抜け、光のほうへ進むと、モノレールと人工地盤が目の前に広がります。なぜか「コクラ」に来たなって実感が沸く瞬間です。
b0013735_23592953.jpg
市役所へは魚町銀天街を抜けます。
b0013735_23591435.jpg
商店街を突っ切り、紫川を渡ると視界の中心に小倉城が入ります。
b0013735_2359721.jpg
お昼からは、書類提出のため遠賀町に向かいました。
途中下車した遠賀川駅は、本当に鹿児島本線?と思わせる閑散ぶりでした。
b0013735_052652.jpg
18時過ぎに帰社すると、社内全体がテンパった雰囲気になっており、作業締め切りが迫っているとのこと。しかし、やれども作業量はもともと膨大で、結局完全なる徹夜になってしまいました。何と所員全員で完徹という激務でした。
あらかじめ着地点を見つけておくこと、そしてマネージメントすることの大切さを肌で感じました。
過労と引き換えに、重要な気付きを頂きました。ツイてます。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-28 23:59 | ┗━◇たび
今年の日曜日モデルか
11:40 お昼までふとんでゴロゴロ
12:30 昼ごはんは炒飯
13:50 泰くんとコンビ二までお散歩
14:20 野球に出発
14:50 西鉄都府楼前駅着 相手チームを拾って球場へ
15:20 大佐野スポーツ公園到着
16:00 Gリーグ交流戦(V.S サイクロンズ) →試合結果
9番キャッチャーのスタメン発表 「え゙っ!キャッチャー???」
第1打席 三振 >2-3からの変化球に全くついていけず・・・
第2打席 フォアボール >2-3から変化球を見送る 出塁後けん制悪送球とパスボールで3進すると、欽ちゃんのタイムリーでホームを踏む!(得点1)
第3打席 フォアボール >2-3からストレートを見送る 出塁後押し出し四球で2進すると、高比良くんのライト前ヒットで一気にホームイン!(得点1)
肝心のリードでは、2回4失点でピッチャー杉山さんを支えきれず。基本的なキャッチングができていない。バッティングは、良い感触手に残らず要要練習。最低限の2四球2得点は、チームメートのナイスバッティングと運に助けられた。
18:10 グランド整備後、軽いミーティング
19:10 「天ぷらのだるま」にて大えび定食ご飯大盛り820円 大えび×1、野菜×3、魚×2はオトク イカの塩辛も食べ放題 しかし質より量の勝負はそろそろ卒業か・・・
19:50 会社で仕事 明日持参するの北九州の補助金申請資料を作成
24:00 同僚Qといらん話で盛り上がる 土曜まで禁欲生活することに決まる
24:40 家に帰る

写真を撮り忘れ、あわてて試合後ネクストのふりを・・・。マッチありがと。
b0013735_215283.jpg
夕焼けがとてもキレイ。2月末の夕焼けは18時に起こることを知る。春近し。
b0013735_22296.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-02-27 23:59 | ┗━◇ぱぱ
大阪より心の刺客現る
大阪より心の友FS改めしんじろうくん(出たがりの本人に配慮して、あえて実名公表に踏み切りました。さらに写真2枚もアップ。)が来福しました。
おとといから仕事で来ていたようですが、ようやく今日のお昼、姪浜にて5年ぶりの再会を果たしました。

一瞬にして当時にフラッシュバックし、そのスピードに着いて行けず戸惑いましたが、10秒後には空気感に順応する自分がいて、その後一気に懐かしさが込み上げてきました。
初めての飛行機の離陸のように激しく新鮮な感覚は、今まで味わったことのない経験でした。
大学3年当時の自分にとって、初めての海外旅行が独りのオーストラリア留学というのは、精神的にもプレッシャーだったように思い返します。その中、現地で出会った彼の存在が、今日の出来事で、とても大きかったことに気付かされてしまいました。

オーストラリアの思い出、自分や仲間の近況など、話はふくらみました。
津屋崎の「海しゃん」でお昼ごはんの後、彼の希望で太宰府天満宮へ向かいました。彼の炸裂トークにも負けず、紅白の飛び梅は咲き誇っていました。
b0013735_194422.jpg
帰りはキャナルシティでお土産を購入し、福岡空港までお見送りに行きました。
b0013735_195693.jpg
私を含めて、今まで出会った仲間を大切にしている彼の姿に感心し、自分も少しでも近づきたいと思いました。
それに、まわりから愛されているであろう、そのキャラクターをいつまでも大切にしてもらいたいと思いました。

まさに友とは財産ですね。

これからも心の友でヨロシク。(良く書きすぎたかなぁ???)
[PR]
by sono3106 | 2005-02-26 23:59 | ┗━◇ぱぱ
ブログをはじめて変わったこと
私のブログを訪問してくださった方が、初めて週間100人を超えました。
とってもうれしいことです。
自己満足で始めたブログも、いつしか見てくれる方を勝手に支えにしています。
自分のことを見てくれる人がいるのは、とても幸せな気分です。

同僚Qに誘われ、ブログを始めてから半年が過ぎましたが、ブログをきっかけにして、私自身の中にいくつかの変化がありました。

○楽しい選択をする
常に今晩のブログネタを気にかけている節はありますが、生活の中でいくつかの選択肢がある時、ほとんどの場合楽しい方を選択するようになりました。
当然のことながらこのブログは、私の生活をベースに思いをめぐらせています。
それゆえに、まず私自身楽しい生活を送りたいと思うようになったからです。
楽しい生活から生まれてくる情報は、おのずと前向きな情報になるでしょう。
(時には、楽しさ求めて、あえていつもの道からはずれて遠回りしたり、いつもとは違う角度から見たりしてしまうことがありますねぇ。)

○本を読む
本を読むのが苦手だった私は、最近だんだんと読むようになりました。
知らない情報が手に入るだけでなく、的確な文章表現や気持ちいいフレーズを感じて、自分のブログに生かしたいと思うようになったからです。
ちなみに昨日は「キッドナップ・ツアー」を、今日は「温泉教授の温泉ゼミナール」を読みました。

○ケイゾクする
ケイゾクすることも苦手な私ですが、なぜか半年続いてしまいました。
開始当初、まわりからは「すぐ終わりそう」など、激励の言葉をもらい、私も半分そう思っていました。
しかし、ブログというものは一方通行でなく、ときに書かれるコメントに喜んだり、訪問者数を見て元気になったり、ちっぽけですが自分なりのコミュニケーションツールになりかけています。
それに、思いを発信する楽しさが、ちょっとずつ分かってきたような気がします。

駄文ながら、これからも前向きに発信し続けたいと思っています。
余裕のあるときに、またお付き合いいただけたらと思います。みなさまに感謝。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-25 23:59 | ┗━◇そのほか
まち は ひと でできる
昨日福岡では、今年初めての黄砂が観測されました。
お昼ごはんを食べに外に出ると、遠くの景色が霞んでいたように思います。
即物的な見方をすれば、ただの春を告げる事象ですが、はるか遠く中国から、風に運ばれた長い旅路を思うと、少しセンチメンタルな気分に浸れます。

また、彼女のブログ「久しぶりの散歩」にもあるように、室見川では春を告げる白魚の漁が始まりました。100万人を超える大都市に、こんな自然が残っていることに感激します。

福岡らしい変化から、季節の移ろいを実感できるのは幸せなことです。

話は変わりますが、今日は大分、別府に出張でした。
ぼんやりとした雨の景色を眺めていると、肩の力が抜けるようでした。

仕事を終えた別府では、市役所から駅までの道のりを、とぼとぼと歩きました。
立ち昇る湯けむりをバックに、古めかしい商店や近代的なホテルが見えました。
b0013735_0425847.jpg
まちなみによって、丸いポストがこんなにも元気に見えます。
b0013735_0431295.jpg
公民館も共同浴場も同じ、人が集う場所です。
b0013735_0432543.jpg
こみちは、人間模様を映し出す鏡のような存在です。
b0013735_0433572.jpg
まちひと でできている、と実感する瞬間でした。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-24 23:59 | ┗━◇たび
夫婦の価値観
会社では、事務所運営について、ひともんちゃくありました。
私の会社だけでなく、この建設コンサルタントという業界は、いまちょうど過渡期にあり、ムツカシイ問題が山積みになっています。
こういう場合、ツイてるでおなじみの斎藤一人さんが言うように「ちょいとよければいい」のでしょうか。それならとても楽チンなんですが・・・

話は変わりますが、今日は「夫婦の価値観」について思うことにします。
寛大で器の大きい彼女のおかげで、今のところ順調な結婚生活を送っていますが、彼女とはある価値観が近いため、とてもうまくいっています。

ある価値観とは何でしょう。。。

それは「お金に対する価値観」です。

まず「おいしいものにお金を惜しまない」というところでしょうか。
要するに、ふたりとも美味しいものが大好きなのです。
これは食から得られる満足が、他から得られる満足より断然重要と考えているからです。
新鮮な魚が食べたいと津屋崎に行くのも、美味しいパンが食べたいと東脊振に行くのも、地鶏が食べたいと三瀬に行くのも、食に対する思いからできてしまうことです。

また、「楽しい時間や楽しい経験にお金を惜しまない」というのも似ています。
日頃の喧騒を忘れて趣味に没頭できる時間や自分自身を高める習い事、子どもを連れてのお出かけには、もう二度と来ないこの瞬間を楽しむ気持ちでお金を使うことができます。

服や家や車よりも、大事なものはたくさんあると思います。

・・・10年後には、価値観や大切にすべきものが、きっと変わっていることでしょう。10年後の自分は何を大切にしているのでしょう。楽しみですね。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-23 23:59 | ┗━◇ぱぱ
オトナのための社会科見学
今日は、お昼から予定されている入札のため佐賀に向かいました。
午前中は県庁、午後は佐賀市と鳥栖市を訪ねました。
鳥栖には、九州新幹線絡みのプロジェクトとして新駅構想があるようです。
駅前広場など駅周辺のまちづくりが進むだけでなく、九州一円への新たな交通拠点としての可能性が新駅にはあるように思います。
関わることができれば、未来のある楽しい仕事になりそうですね。

車で走りながら思ったのですが、それにしても鳥栖周辺は工場が多いですね。国道34号線沿いだけでも、コカ・コーラやキューピー、ブリジストンやヤクルトなどがありました。
工場というと小学校の頃に行った社会科見学を思い出します。私は、パン工場、ゴミ焼却場、下水処理場、自動車工場に行った記憶があります。
断片的な記憶ですが、パン工場ではラスクを、自動車工場では車のプラモをお土産にもらった気がします。また、下水処理場に行く際には、先生から「働いている人がいるんだから、けしてクサイって言っちゃだめですよ」なんて、事前に散々言われた気がします。

私が参加しているソーシャル・ネットワーキングサイト[mixi(ミクシィ)]でも、「社会科見学に行こう」なるコミュ二ティーがあります。
多少の知識を持ち大人になった今、工場見学に行くと、昔とは違った楽しさや新たな発見を見つけられる気がします。
「オトナのための社会科見学」なんて開催したらとても面白いでしょうね。
だた、お土産を楽しみにするとこは、相変わらずでしょうね。

今度、家族とどこかに行って見ましょうかねぇ。そのときは報告します。

帰宅後は、久しぶりに泰くんとお風呂に入りました。
b0013735_155973.jpg
お風呂上りに食べたデザートはうまかったです。
ブルーベリーにヨーグルトと林檎シロップがかかっていました。
b0013735_015873.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-02-22 23:59 | ┗━◇ぱぱ
ファンタジスタ
「ファンタジスタ」とは、イタリア語の“ファンタジーア”(創造力、インスピレーション)の名詞で、「ファンタジーを創造する人」「創造性豊かな人」という意味です。
一般的には、高度な技術に裏打ちされ、インスピレーションのままに創造力あふれた華やかなプレーで観客を魅了するサッカー選手のことを指します。

先日20日に行われたスマトラ沖地震のチャリティーマッチでは、ロナウジーニョ率いる世界選抜とシェフチェンコ率いる欧州選抜が、華麗なショーの競演を見せてくれました。

一番輝いていたのは、間違いなくロナウジーニョでしょう(顔はイケてないので、あえて載せるのやめときます)。
決定的なノールックパスに始まりトリッキーなヒール、そして果敢なオーバーヘッドと、魅せるサッカーに徹したまさにファンタジスタそのものでした。
あらためてプレーを見て「ファンタジスタ!!」と叫んでしまいました。

それにしても「ファンタジスタ」、とても快い語感です。


それに関連して・・・
うちの泰くんも、なかなかの「ファンタジスタ」です。
「便器におたまを入れたり」、「くつをお釜に片付けたり」、「カギをゴミ箱にしまったり?」など、枠にとらわれない大胆な発想、そして時には意味不明な顔芸を披露してくれます。
b0013735_161145.jpg

さらに関連して・・・
「銀河鉄道999」など架空の建築物を実際に造るには? をテーマに、施工方法から工期、事業費の検討を重ね、実現可能性をまじめに追求する「前田建設ファンタジー営業部」は、真剣すぎてなかなかウケます。

みんなが疲弊した世の中だからこそ、いまファンタジスタが求められています。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-21 23:59 | ┗━◇そのほか
インパルス
時折り激しい雪の舞う中、午後4時間、筑紫野の県農業試験場グランドで、みっちりと野球の練習に励みました。先々週のオープニングより、かなり激しくでレベルの高い練習ができたように思います。
しかしそれにも関わらず、オープニングに比べて練習後の体が幾分軽いのです。定期的に体を動かすことで、体が慣れていくものだと実感しました。

他の仲間と違って家族のいる私は、休日に家族を残して練習に出掛けることに、多少犠牲をともないますが、今年はできるかぎり参加しようと決めました。

彼女や家族の力を借りて、精神も身体も健康でありたいと思います。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-20 23:59 | ┗━◇ぱぱ
突然の・・・
おつかれさまです。
仕事が終わり、いまから甘木の実家に帰ります。
夕方には終了の予定が、なんだかんだで遅くなってしまいました。

そうそう、ツイてることがありました。
6年ほど前オーストラリアに短期留学していたとき、一緒に学校に通っていたFSくんからメールが来たのです。
彼は大阪で働いているのですが、来週出張で福岡に来るという内容でした。
突然の友人からのメールだけでもうれしいのですが、さらに文面からは、終始私を思いやる気持ちが伝わりうれしい気持ちになりました。

手前味噌状態で恥ずかしいのですが、気持ちよさを知ってほしいのであえて引用します・・・
>順調に人生を歩む姿がうらやましくて、輝かしくて。
>・・・・少しでも会いたいと思ってメールしました。

こんなこと素直に言われたら、うれしくなっちゃいますよ。誰だって。

しかし人を気持ちよくする手紙を書くのは、案外難しいものです。
自分の近況を伝えるだけでなく、相手への配慮や相手をほめること、そして少しのユーモアが必要となります。
しかも、それらを素直な言葉で伝えるのが、イチバン大事なことでしょう。

今日は、何度も読み返してしまいました。とっても勉強になりました。
うれしくって勉強にもなって、2度おいしいかったです。ホントにありがとう。

話したいことや聞きたいことがたくさんあり、いまから来週がとても楽しみです。

明日も楽しいイチニチになりますように。そして、誰かをほめられるように・・・。
[PR]
by sono3106 | 2005-02-19 23:43 | ┗━◇そのほか