「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
久留米大砲ラーメン
無性に久留米ラーメンが食べたくなり、大砲ラーメン小郡店【松崎分校】に向かいました。
「矢部村立飯干小学校」の校舎の一部を移築した店内は、なつかしさを感じさせます。
教室の木製の窓枠や職員室で使われていた黒板が、またいい雰囲気を醸しだしています。
b0013735_9585637.jpg
注文したのは、彼女が昔ラーメン+煮たまご、私が昔チャーシューメン+煮たまごです。
今回は、集中して食べたいと、あえて彼女とオーダーのタイミングをずらしました。
泰くんを看ながらの食事は、思うようにいきませんから。
彼女に先を譲り、美味しそうな表情を横目に、グッとこらえます。
彼女の「スープ飲む?」の言葉にも、あえて我慢我慢です。試練の後には・・・

ようやく、目の前に運ばれてきた器には、待ち焦がれた世界が広がっています。
バラ肉チャーシューに、自家製のシナチク、のり、ネギ、そしてトッピングの煮たまごが乗っかったビジュアルは満点です。
b0013735_9582178.jpg
スープは、濃厚でこってり感があります。うーん、とっても美味すいぃ!!
上に浮かんだ、豚脂を揚げた通称カリカリが、全体に香ばしさを加えています。
麺は中麺ストレート、比較的控えめな印象です。スープの引き立て役といった感じです。
こだわりのシナチクは、八女郡矢部村特産の干し竹の子を独自に調理しているようです。
特有の歯ごたえと風味が、なかなかの一品です。
また、半熟の煮たまごに、朝倉産の博多万能ねぎも、ナイスな脇役ぶりです。

われを忘れ、没頭して食べ続けてしまいました。おなかもココロも満腹になりました。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-30 23:59 | ┗━◇ごはん
島原、雲仙の旅
昨晩は、昔の遠足前夜のように、なかなか寝付けませんでした。彼女もそうだったようです。出発の朝、目覚めると外は快晴です。多少の寝不足にもかかわらず、すぐにテンションが上がります。

島原、雲仙への旅は、彼女の実家に程近い甘木鉄道の大刀洗駅から出発です。駅前には、何台か停められる無料の駐車場があります。さらに、駅に併設されている平和記念館には、戦闘機がデデーンと置かれ、泰くんはちょっぴりうれしそうでした。
b0013735_22482052.jpg
9:44 甘木鉄道 大刀洗駅 基山行き 発
遠くて長い楽しい旅路になりそうです。とってもわくわくしています。
b0013735_22483764.jpg
9:53 甘木鉄道 小郡駅 着
小郡駅に到着すると、甘木鉄道から西鉄に乗り換えます。駅間の移動は、階段を上り下りし、側道をてくてく歩き、5分くらいかかります。電車の待ち時間には、2人のお姉ちゃんに遊んでもらいました。
b0013735_2248549.jpg
10:08 西鉄大牟田線 小郡駅 急行大牟田行き 発
10:20 西鉄大牟田線 久留米駅 着
久留米駅では、特急に乗り換えます。待ち時間には、おにぎりとミスドをひとつずつ買いました。泰くんは、特急電車を見て「でんしゃ!でんしゃ!」と興奮気味です。
b0013735_22493652.jpg
10:30 西鉄大牟田線 久留米駅 特急大牟田行き 発
11:03 西鉄大牟田線 大牟田駅 着
終点の大牟田駅に到着すると、接続している西鉄バスに乗り換え、三池港に向かいます。バスは、観光客より手土産片手の帰省客が多く、ぎゅうぎゅう詰めの状態で発車しました。
11:04 西鉄バス 大牟田駅西口バス停 三池港行き 発
b0013735_22505241.jpg
11:12 西鉄バス 三池港バス停 着
高速船が発着する三池港は、イメージしていたハイクオリティな雰囲気の港ではなく、端っこでおっさんが釣り糸垂れる庶民的な船着場でした。
b0013735_22513380.jpg
改札を抜けるとそこには、青い船体に黄色のラインが映える「島鉄1号」が待ち構えていました。今日と明日は、お世話になります。
b0013735_22515964.jpg
11:20 島鉄高速船 大牟田三池港 島原港行き 発
島原港までは、わずか40分足らずの船旅です。思わず、薩摩白波のCMを思い出してしまいました。
b0013735_22523837.jpg
b0013735_22525610.jpg
泰くんは、またもや若いお姉ちゃんにアプローチしています。おんな好きには困ります...。
b0013735_22531911.jpg
しだいに雲仙の山々が、間近に見えるようになります。
b0013735_22573943.jpg
12:00 島鉄高速船 島原港 着
島原に上陸した後は、最寄りの島原鉄道の島原外港駅からトロッコ列車に乗車します。島原駅から深江駅を、1時間かけて往復する観光列車です。泰くんの視線の先には、近づいてくる黄色い電車があります。
b0013735_2259785.jpg
b0013735_22583752.jpg
12:20 島原鉄道 島原外港駅 トロッコ列車 発
黄色い電車の中央部2両は、両側の窓がなく涼しい風が入ってくるトロッコ風になっています。右側には、日本一新しい平成新山を眺め、広がる裾野には区画が再整理された農地が見えます。また左側には、復興した新しい家なみとその先に広がる海を眺めます。まさに、この上ない絶景です。
b0013735_22593322.jpg
b0013735_22595346.jpg
13:00 島原鉄道 島原駅 着
島原城は、キリシタン弾圧の中心となったお城です。高く積まれた石垣に、生える苔は歴史を感じさせます。
b0013735_233516.jpg
「かんざらし」は、白玉を湧水でさらした島原名物です。湧水に溶けた黒糖がいい味でした。
b0013735_2342784.jpg
武家屋敷群の、碁盤の目の区画や水路、石垣や土塀などが、風情を感じさせます。
b0013735_2344381.jpg
15:15 長崎県営バス 島原大手門バス停 諫早駅前行き 発
16:00 長崎県営バス 雲仙バスターミナル 着
ターミナルに着くと、硫黄の強烈な匂いが鼻をつきます。温泉に来たことを実感します。
今夜、泊まるホテル「富貴屋」に到着すると、ロビーに入って驚きました。正面には、雲仙地獄が窓一面に広がっていました。
b0013735_2318719.jpg
温泉は、真っ白な濁り湯でした。露天風呂もあり、泰くんとふたりで楽しみました。また、夕食は念願の部屋食で(泰くんがいるので、部屋食可を条件に宿探しをしていました)、家族3人ゆっくりと食べることができました。彼女に飲まされ、デザートが到着する前に、睡魔に襲われました。情けなし...。

翌日は、温泉街の中心にある温泉煎餅屋さんで、手焼き風景を見ることができました。
b0013735_2326598.jpg
b0013735_2336965.jpg
その後、近くの芝生の公園で走り回り、帰路に着きました。
11:35 島鉄バス 雲仙バスターミナル 島原行き 発
12:20 島鉄高速船 島原港 大牟田三池港行き 発
13:08 西鉄バス 三池港 大牟田駅西口行き 発
13:40 西鉄大牟田線 大牟田駅 特急福岡天神行き 発
14:24 甘木鉄道 小郡駅 甘木行き 発

ここぞとばかりに乗り物を乗りつくし、超ヘビーな旅でした。乗り物は、もうお腹いっぱいです。次回は、ぜひ車の旅にしましょうかね。それにしても、部屋食はいいですねぇ。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-29 23:59 | ┗━◇たび
同僚Qの退社
今日で、同僚Qの出社は最後となりました。

4年前、福岡事務所に入社した3人の新人は、同僚Oが2年前に本社へ転勤し、今日同僚Qが辞めることで、ついに私だけとなります。退社する仲間を見送る気持ちは、自分の体の肉をそぎ落とされるような、表現するに耐えられない気持ちです。現在まで仲間として一緒に頑張ってきた労をねぎらい、これから拓ける彼の新たな道を応援することが大切です。寂しい気持ちを抑え、元気に前向きに送り出すことができた、と自分では思います。

そう言っても、この数日は、業務の引き継ぎや完了の確認など、厳しい意見を言うことになりました。我々の業界や企業は、仕事柄個人施工の色合いが強いため、次々と社員が辞め、残っている人間の方が少ない現在の会社では、途中から引き継ぐ業務やアフターフォローが、本来の業務や営業活動に多大な影響を与えています。そんな経験から辞めていく社員には、最後まで責任を全うしてもらう必要があります。それが、社会人としての会社や仲間に対する責任、けじめと考えています。

いま振り返ると彼には、楽しい話をいっぱい聞かせてもらいました。仕事の話題にとどまらず、旅行や滝行、JAZZ、水、お金、楽しい生き方、スピリチュアルな話など、ためになるならない含め(笑)、興味をそそられる話し振りに、私はどんどん引き込まれていきました。なぜかラオスにも一緒に行きました。もつ鍋蒼生弥の横で自転車が立ったこともありました(酔っ払って)。ホームページ、ブログを始めたのも彼の影響です。それに、斉藤一人や本田健、船井幸雄といった人生の手本を教えてくれたのも彼です。

とにかく新しい情報がどんどん集まり、その情報を惜しみなく発信してくれるラジオ局のような存在でした。彼のまわりには、「人」「モノ」「情報」が常に溢れていました。そして手に入れたものを、もったいぶることなくまわりに与える気前のよさがありました。生きていくうえで何が大切なのか、彼にとても近い場所でそれを見続けられたことは幸せなことでした。いままでの感謝とともに、これからの活躍を楽しみにしています。(毎日、ブログを通じてQちゃんのイチニチが手にとるようにわかるので、あまり離れた気はしないでしょう。)
[PR]
by sono3106 | 2005-04-28 23:59 | ┗━◇ぱぱ
がまんできず・・・
わが家のプリンブームは、とどまるところを知りません。
先日の「無添加プリン」に引き続き、最近は「極プリン」にはまっています。
しかも、またもや栄屋乳業です。もー、恐るべし栄屋乳業ですね!
どことなく、パッケージも無添加プリンに似ています。
b0013735_043192.jpg
トロトロのなめらか系だった無添加プリンより、幾分しっかりとしており、昔母親が作ってくれた蒸しプリンを彷彿とさせる懐かしい風味があります。
これは、いまのところファミリーマートでしか見かけません。
そういえば無添加プリンは、セブンイレブンでしか見かけませんでした。
コンビニとメーカーの間では、このような専売契約などがあるのでしょうかねぇ。
無添加プリンとの味のちがいを感じてみてください。

だんだんと週末の雲仙・島原への旅行が近づいてきました。日に日にワクワクしてきます。
今日は仕事帰りに、駅前のスーパーに寄りました。彼女から頼まれていた牛乳を買うためです。しかし、ついつい遠足気分の私は、旅行のためのお菓子を大量に買ってしまいました。
ふっ、と子供の頃の遠足の前日を思い出しました。
250円分のお菓子を買うために、1時間もかけて選んだ記憶は懐かしいものです。
家に帰り夕食後、さっそく旅行用のお菓子をひとつ食べてしまいました・・・。

今度の旅行は、『泰くんの大好きな「のりもの」に乗りつくす!』というテーマがあります。
普段は車でのお出掛けがほとんどですが、最近「でんしゃ」が大好きな泰くんのために、「でんしゃ」や「ばす」、「ふね」、そして「トロッコれっしゃ」に乗る企画を立てています。
どんな旅行になるのでしょうか・・・。いまからとても楽しみです。
私的には、「どんな美味しいものが食べられるか」がテーマです。
また、旅の報告をいたします。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-28 01:13 | ┗━◇ごはん
楽しい生活をデザインする
今日の空は、雲ひとつなく澄み渡っていましたね。とても気持ちがいいものです。
いきなりですが、このごろ私的に気になっているモノを、いくつか紹介しようと思います。

ひとつめは、文房具界の異端児「カドケシ」です。
「コクヨのヨコク♪」でおなじみのコクヨ(ちなみに今年で創業100周年)の商品です。
まず、10個のキューブの集合体という、斬新でユニークなデザインに惹かれます。
購入後最初だけの特権だった「カドで消したい気持ち」を、28回も味わうことができます。
どうやら、人気が人気を呼び100万個以上を売り上げているようです。
国内では、「2003年度 グッドデザイン賞」を受賞し、海外でもニューヨーク近代美術館(MoMA)で、世界的に優れた日用品のデザイン122点の一つとして展示されました。
b0013735_132475.jpg


ふたつめは、ちょっと変わった色のエアコン「四季彩館」です。
プロ野球オールスターゲームのスポンサーとして有名な三洋電機の商品です。
「エアコンは白」という既成概念を壊し、7色ものカラーバリエーションを揃えています。
インテリアにこだわる人のニーズに応え、お部屋に溶け込むエアコンを目指した斬新なデザインになっています。
しかも、携帯電話のように、シーズンごとやお部屋のリフォームに合わせて、フラットパネルの「着せ替え」を楽しむこともできます(オプション商品)。
ちなみに、「三洋電機」という社名の由来は、太平洋・大西洋・インド洋をまたにかけ、世界で活躍する意思が込められているそうです。これなら活躍できるかも。
b0013735_23551598.jpg


最後は、ホンダのミニバン「Edix(エディックス)」を紹介します。
最大の特徴は、3席×2列という今までにないシートレイアウトです。
私的には、キャッチコピー「家族みんなが、同じ目線で同じ景色を楽しめる」に惹かれました。
泰くんを真ん中に3人並んで、ドライブできたら楽しさ100倍でしょう。
b0013735_21132331.jpg


これらに共通することは、デザインの中で「楽しむ要素」を大切にしている点です。
ある意味で生産性を第一に歩んできたモノづくりが、これらのように個人の満足や個性、ライフスタイルに応じた「楽しいデザイン」を重視する方向になっているのではないでしょうか。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-27 23:59 | ┗━◇そのほか
シーズン初ヒットは地震の前兆か?
今日の野球は、稲築町町民野球場へミニ遠征をしました。
私は彼女の実家甘木から、国道211号線八丁峠をくねくねと越え現地へ向かいます。
同じチームと2試合連続で練習試合の予定です。

1試合目は、8番キャッチャーで先発です。試合前には少々キャッチングの練習をしました。
この試合先発のピッチャー日高くんとは、先週に続くバッテリーとなりました。
今日の配球は二人で相談して、走りのよいストレートを中心に組み立てようとなりました。
試合が始まると、ブルペン通りストレートの走りがよい一方で、カーブの切れがイマイチです。
2回までは順調に抑えたのですが、3回突如として制球が定まりません。
二ケタ近くの四死球を出し、ヒット1本のみで7点を献上してしまいました。
途中、緩急をつけようが間合いを取ろうがテンポを変えようが、制球を取り戻すことができず、どうしようもない状態に陥りました。
4回以降は、曲がりが少ないながら、ある程度コントロールされやすい今日のカーブを生かそうと、カーブ主体の配球に変えました。
そこから、何とか立ち直りの糸口をつかみ、6回まで1失点で切り抜けられました。
ピッチャーの調子と気持ちを見極め、場合に応じたリードは簡単なものではありません。
キャッチャーとは実に考えさせられるポジションです。最近それが楽しくなりつつあります。

第1打席 空振り三振 >タイミングが全く合わず、結構ボールと離れていたように思います。今日もヒットが出ないのでしょうか・・・。
第2打席 見逃し三振 >2-1からの急速を変えたストレートに手が出ませんでした。
第3打席 ショート内野安打 >2-8と6点差を追いかける最終回、3点を取って2アウト1、2塁で打席が回ってきました。普段はかなり緊張するシーンですが、いつもより少し落ち着いていたように思います。早いカウントから打ちに行き、ストレートを引っ掛けてしまいましたが、ピッチャーとショートの中間に高く弾みました。ショートの送球が逸れたこともあり、エラーかヒットか微妙でしたが、お情け?でヒットになりました。その後、後続のゴロエラーと2塁打で3点を取り、土壇場で引き分けに持ち込みました。(得点1)

2試合目は、9番セカンドでスタメンでした。守備機会は一度のみで、打撃もお粗末でした。
第1打席 見逃し三振 >内角からのスライダーに全く手が出ず・・・。

それでも、今年の初ヒットが出て、とてもハッピーな気分です。
4月を終わって17打席10打数1安打7四死球(打率.100、出塁率.411)です。
シーズンを終わった時点で、打率.250、出塁率.400を達成できているとウレシイですね。

お昼の11時過ぎに、甘木から北の方に向けて地震雲?(飛行機雲かもしれませんが・・・)らしきものが延びていました。それに、なんだかもう一度先日の余震に匹敵する大きな地震がやってくる気がしてなりません。この1ヶ月程度は、ココロとモノの備えが必要かと思います。
みなさんも、あらためてココロとモノの備えの確認をしてみてくださいね。
b0013735_0353863.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-04-24 23:59 | ┗━◇そのほか
鳥栖⇒久留米⇒太刀洗
午前中は、姪浜に髪切りに行きました。もうすっかり夏モードです。
お昼ごはんは、うちで「超熟カレー」を食べました。彼女のカレーは、鶏のささみとエノキと玉ねぎのみのシンプルなものです。何日も寝かすと最高の味に変わります。

午後は杉山さんに誘われて(仕方なく?)サガン鳥栖の応援に鳥栖スタジアムへ。
相変わらず観客は5000人前後で、一部の熱狂サポーターを除きイマイチの盛り上がりでした。試合展開も、客入りに比例して、お粗末な展開でした・・・。記録には残りませんでしたが、オウンゴールらしきゴールもありました・・・_| ̄|○ ガクーリ
そんな中、収穫もありました。こんな?鳥栖スタジアムでも、託児サービスがあることを知ったのです。しかも、結構安い。サービスを利用して、ゆっくり観戦するのもいいかもしれません。
b0013735_136819.gif
試合後は小腹がへったので、国道3号線沿いにある久留米の「丸星ラーメン」へ。
b0013735_1411457.jpg
この雰囲気はいかにも老舗という構え、そしてやたら親切なおばちゃんたちも要チェックです。
ラーメン1杯350円、替え玉100円という昔ながらの値段設定には感動しました。
b0013735_1412456.jpg
中毒性の高いこってりスープに、少々太めのやわめの麺がかなりウマイです。
「かんしゃくの くの字を捨てて 感謝する」ええ言葉でしょ。感謝しなあかんですね。
b0013735_158399.jpg
その後、久留米の中心部六ツ門にあるパン屋さん「uu」と、南部津福にある洋菓子屋さん「森のわすれもの」に立ち寄り、彼女の友人への手土産をゲットました。
b0013735_1573680.jpg
b0013735_1574778.jpg
甘木への帰りがけ、太刀洗で教会を発見しました。ロマネスク様式で赤レンガ造りの「今村カトリック教会」です。過去の苦難と弾圧に耐えただけあって、力強い存在感がありました。
b0013735_214693.jpg
今日も、いいものを見て、いいものを食べて、楽しく楽しく過ごせました。
ありがとうございます。感謝。。。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-23 23:59 | ┗━◇たび
優雅に朝食会 in 福岡
朝7時より天神のロイヤルホストにてmixi(ソーシャル・ネットワーキングサイト)の朝食会がありました。その名も 「優雅に朝食会 in 福岡」です 。
このコミュニティの立ち上げ人及び今回の朝食会の発起人は同僚Qです。(⇒詳細は同僚Qのブログをご覧下さい。)

メンバーは、このコミュニティの中から参加を希望した5名(♂3名、♀2名)でした。同僚Q以外、全くの初対面で結構緊張しました。
実際に集まってみると、みなさん気軽に話しかけてくださり、のんびりゆったりとした朝の時間を過ごすことができました。
この5人、当然のことながら職業もばらばらです。精神科のお医者さんにガソリンスタンドのコンサルタント、漫画家のアシスタントさん、そして我らまちづくりコンサルタントです。
普段聞けない異業種のお話など、大変興味深いものがありました。

また、今回感じたのは、「朝の時間はとても気持ちがいい」ということです。
太陽を浴びながら、美味しい朝食(ロイホの朝メニューはなかなかのものでした。バリエーションも味も大満足でした。)を食べ、情報を交換する時間は、まさに最高の充実タイムです。
何か得した気分になれるのです。

それに、もうひとつ感じたことがあります。
朝食会終了後、すぐに「ありがとうございました」や「おつかれさまでした」のメールを頂いたことです。それに、サイトへの書き込みや日記の更新の早さにも驚きました。
「人との付き合い方が上手な方は、行動力がありしかも行動が早い」ということです。
とても大切なことを学びました。

ぜひ次回も楽しみにしています。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-22 23:59 | ┗━◇ぱぱ
揺れよりも驚いたこと・・・
ゴオォォー  ガンガンガンガン! ガンガンガンガン!
(ひぇ~!!地震だぁ!!)

うとうとしている最中の早朝6時11分のことです。
突然の激しい揺れで、一瞬にして覚醒し飛び起きました。(⇒彼女のブログを参考に
私は、彼女と泰生を囲みながら「大丈夫、大丈夫」と多少震えた声で、言い続けました。
揺れは、先月の地震ほど大きいものでなく、それに時間的にも短いものでした。
今思えば、冷静な彼女より、目すら覚まさなかった泰生より、私は大きく動揺していました。

なぜなら、私は「この地震の揺れ」にではなく「この地震の予知」に動揺したからです。

昨日の午前10時15分、私はある情報をもとに、会社から彼女にこんなメールを送りました。

明日の前後一日、要するに今日から明後日までの間で、震度4程度(場合によってはそれ以上)の地震が起こるらしいよ。○○からの情報(Qちゃん経由)。○○のデータがかなり上昇しているらしい。

根拠の証明はともかく、会社の中で真剣に話題にしていた私たちは、予知どおりの地震に、もうぶったまげる以外ないのでした。

変な言い方かもしれませんが、「未来を知る」ということは、それ自体に責任があることと感じました。
要するに、間違う可能性を乗り越えて周りに自信を持って伝える勇気と、それ自体を自分自身が受け止める体力が必要だということです。(大袈裟な言い方ですが・・・それに、今回の件は単に偶然かもしれませんがね。)

とにかく地震については、自宅の被害もなく、会社も最小限の被害で済んだのは幸いでした。
別の意味で、この前以上に貴重な経験をしました。
まあ、それにしても同僚Qと一緒にいると、変化に富んだ生活になりますわ。
[PR]
by sono3106 | 2005-04-20 23:30 | ┗━◇ぱぱ
えてがみ#1 ・・・地球儀を見ておもふ
彼女が今月から、NHK文化センターの絵手紙教室に通い始めました。
彼女のはじめての作品を見て、彼女の絵心に感心してしまいました(このブログのタイトルピクチャーも彼女作です)。
そんなことで、絵心のない私(今まで入選経験などもちろんありません)でも、と思い挑戦してみました。
最初で最後の企画かもしれませんが、次があれば2枚目の成長ぶりを、ぜひお見せしようと思います。ふふふ。
b0013735_22171062.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-04-17 22:45 | ┗━◇ぱぱ