「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
泰生くん2歳の誕生日☆
今日7月30日は、泰生くん2歳の誕生日でした。
甘木のお父さんお母さん(泰くんにとっては、じいじとばあば)が、テーブルいっぱいに並んだゴハンと、生クリームにフルーツが乗ったケーキを用意してくれていました。
去年はできなかったローソクを消すことも、今年はできるようになりました。
また5日ほど前には、自分の名前をフルネームで言えるようになりました。
そんな日々の新しい成長のひとつひとつに彼女と歓喜することに、そして泰くんを囲むまわりの家族が健康でいられることに、とても幸せを感じます。

当たり前の毎日は、当たり前のようでいて、けして当たり前でない。それが、幸せなことだと気づけば、毎日がさらに幸せになる。

そんなことを泰くんの誕生日に思ってしまいました。
来年の誕生日も、そんなことを再確認できればいいなぁと思います。
b0013735_1181457.jpg
b0013735_1182123.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-07-30 22:59 | ┗━◇ぱぱ
思い立ったら即行動→壱岐へGO!!
蒸し蒸しの暑さが増して、激しい夏がやってきましたねぇ。

とは言え、海の日含む先週の3連休は、日曜こそがっちり田主丸で遊んだものの、前後の土曜と月曜は企画提案書作成のために、会社に缶詰状態。挙句の果てに、月曜は貫徹で企画書を仕上げ、フラフラになりながら大分出張。また木曜も、別の企画書仕上げのため会社の椅子をつなげて2時間の仮眠のみで、提出のため3時間かけて宮崎まで車をぶっ飛ばし・・・。
みんなが辞めていく辛さを身を以って体感しました。んー、とってもハードな一週間なんとか乗り越えました Σ(@`Д´@)/

一生懸命仕事した後は、一生懸命遊ぶのが自分流だろってことで、徹夜明けの金曜日、宮崎から戻る車の中で「明日はゼッタイ海水浴じゃぁ!」と自己宣言、即彼女に電話しました。常に批判、否定しない大きな受け皿を持つ彼女の回答「それ、いいねぇ (@^_^@)/」で即決しました。

候補は、平戸「根獅子」、壱岐「筒城浜」、山口「土井ヶ浜」の3つです。泰くんの海水浴デビューは、透き通るきれいな海でとの思いから、これまで行ったことのあるきれいなビーチをピックアップしてみました。これらすべては、どうやら「日本の海水浴場88選」に選定されているようです。

平戸は、過去2度泊まっているので勝手がわかると、田平にある「グラスハウス」に予約を入れましたが、満室で断念しました。次候補の壱岐は、前から良さそやなぁと思ってた民宿「千賀荘」に電話を入れると、キャンセルが出て空きありとのこと。「ツイてる!」と思い即予約を入れました。土曜日朝10時のことです。そこから、フェリーの時間を確認し、慌しく準備をして、お昼過ぎに出発しました。

旅には、念入りに準備を重ね待ちに待って当日を迎える楽しさと、突然の思いつきで旅が始まる楽しさの2種類があります。前者は、旅を迎えるまでの時間に、旅自体と同じくらいの楽しさのウェートがあり、後者は、思い付きがカタチになる過程(旅の行き)に楽しさのウェートがあると感じます。今回は、まさにフェリーに乗り上陸するまでの間、特にワクワク感でいっぱいになりました。近づくにつれて、ドキドキと胸が高鳴る感覚は、「旅」以外では絶対に味わえないものかもしれません。

乗船券を手にしたときから、旅が始まります。胸高鳴る。
b0013735_1121776.jpg
これを抜けると、壱岐へまたすこし近づきます。
b0013735_1122911.jpg
壱岐対馬と博多港を結ぶ、九州郵船「フェリーちくし」です。
b0013735_1124056.jpg
船の中で、泰くんは「かっぱえびせん」をおねだりし、楽しく過ごしました。
b0013735_1125059.jpg
壱岐に上陸後、私たちだけのために迎えに来てくれた、宿の若旦那が運転するバンで、宿まで運んでもらいました。到着後、すぐに水着に着替え、すぐ近くの錦浜で海に入りました。日も傾き、少々肌寒かったので、1時間足らずで切り上げました。
b0013735_113368.jpg
浜からの帰り道は、だらだらとした登り坂をゆっくりと登ります。
b0013735_114175.jpg
宿の目の前にある浜も、大変キレイでした。
b0013735_114109.jpg
晩ゴハンには、お魚がいっぱい出ました。
b0013735_1142341.jpg
一番美味しかったのは、この宿おすすめの”鯛めし”でした。
b0013735_1143320.jpg
夜中には、宿の廊下をカニが歩いていてビックリ。さらに部屋では、ムカデがあらわれ大慌て。真夜中の格闘で退治し、ドキドキの夜でした。さすが壱岐です・・・。
b0013735_1145345.jpg
翌朝は、またもや宿の若旦那に筒城浜まで、車で送ってもらいました。昨日もそうでしたが、壱岐ではお迎えお送りは当たり前のサービスのようです。観光の島を掲げるだけあって、サービスの徹底ぶりが素晴らしいなぁと思います。昨日の錦浜にまして、きれいな筒城浜は、海水浴を楽しむ人でいっぱいでした。青い空に青い海、そして海水浴のお客さんに、夏らしい光景を感じました。
b0013735_1153744.jpg
b0013735_1155293.jpg
泰くんも最初は怖がっていましたが、次第に慣れました。しかし、海で泳ぐよりも、どうやら砂遊びの方が楽しかったようです。
b0013735_116754.jpg
b0013735_1161413.jpg
b0013735_1162125.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-07-24 23:59 | ┗━◇たび
美味いもの美味い景色に囲まれる
福岡の喧騒を離れ、甘木の実にのんびりとした空気に身を委ねます。こりゃ最高ですなぁ。泰くんの笑顔も、いつもよりのびのびしているような気がします。とはいえ、この私、これが3日目くらいになると、パソコンが恋しくなり、福岡のガヤガヤが恋しくなる何ともわがままな性格なので自分でも困ります。
b0013735_135699.jpg
お昼ごはんは、最近お気に入りの久留米大砲ラーメンにて、昔ラーメン煮たまごトッピングです。集中して食べるため、我が夫婦ならではオーダーをずらす店泣かせの荒業で、ふたりとも絶品ラーメンを満喫しました。
b0013735_142199.jpg
その後は、田主丸にある紅乙女酒造と、そのおとなりにある巨峰ワイナリーへ向かいます。紅乙女では、白ゴマソフトクリームを堪能しました。ゴマ好きの私にとっては、香ばしい風味が最高の絶品ソフトでした。さらに紅乙女から巨峰ワイナリーに向かう途中の道には、ブルーベリーをはじめ草花が生い茂り、木々の間をすり抜け、山道をくねくね登り、まるで探検気分です。それに、立っている看板がかわいくて、わくわく度アップです。
b0013735_144327.jpg
b0013735_145163.jpg
b0013735_151231.jpg
ワイナリーに到着すると、まず目の前に飛び込んでくるのが、ツタの生い茂った地下貯蔵庫の入り口です。歴史とセンスを感じます。

ところで、巨峰発祥の地はここ田主丸なのですね。先日、巨峰ワイナリーを経営されている若竹屋酒造場のホームページを拝見して知りました。また、若竹屋酒造場十四代目はブログを書いていらっしゃるようで、楽しく拝見させていただきました。
b0013735_154984.jpg
地下貯蔵庫の中はとてもひんやり、そしてところどころの電灯で薄暗い雰囲気に惹かれます。

その後は、先日7/1にオープンしたばかりという、ワインと食事が楽しめるホイリゲへ行きました。木々に囲まれ、ひっそりと佇む雰囲気です。中に入ると、筑後の川筋を眼下に眺めることができ、木の匂いが心地よく、和と欧の絶妙なコラボが素敵な建物です。

ここでのおすすめメニューは、杉さん(リバーワイルド・ハム・ファクトリー)作のウインナーとハム。ラーメンを食べたばかりなのに、「食べずに帰るなんて損」と思わず注文しちゃいました。生ハムはまろやかな塩味に微かな香り、口の中に入れると旨みが徐々に溶け出しました。ウインナーは、濃厚な旨みがブワッと一気に広がり、病み付きになる美味しさです。食べてよかったと心から感動できる逸品でした。
b0013735_162313.jpg
この紅乙女や巨峰ワイナリーをはじめ、耳納山麓一体には山苞(やまづと)の道を中心に、新旧のカフェやギャラリーなど楽しいスポットが点在しています。それでいて、各店舗が大きすぎない控えめな看板を出すなど、雰囲気を損なわない配慮ができています。

これから巨峰狩りのシーズンが始まり、賑やかな時期になりそうです。私にとっても、最近愛着を感じるようになった田主丸(彼女の母方の実家があります)が、さらに魅力ある地になっていくことは嬉しく感じます。また、訪ねたいですね。
[PR]
by sono3106 | 2005-07-19 23:59 | ┗━◇たび
豆乳とバルサミコのいただきもの
ちょっと前になりますが、会社の事務Kさんからグリーンコープの成分無調整豆乳をいただきました。それには、にがりもパッケージされており、豆乳に加えて混ぜレンジで加熱するだけで、簡単にできたての豆腐を味わうことができます。あたたかくてふわふわの豆腐は、おなかにやさしい味がしました。泰くんも、美味しそうに食べてくれました。グリーンコープは、加入時こそ手間はかかりますが、安全で安心の食べものを多く扱っているように思いますね。
b0013735_102446.jpg
そして先週は、またまたKさんから、いただきものだというイタリア産のバルサミコをもらってしまいました。使うのがとても楽しみになりますね。今度は、こちらから美味しいものを差し上げられたらいいなと思います。美味しいものの共有、共感っていいですよね。
[PR]
by sono3106 | 2005-07-13 00:57 | ┗━◇ごはん
CAS Village 訪問 (旧長崎オランダ村)
長崎県西海市から、ある計画に関する企画提案依頼があったため、先輩Hとヒアリングに出向きました。佐世保と隣合わせなのに、佐世保市内から西海市役所まで1時間近くもかかります。5町が合併して、市域が大きく広がりましたが、それにしても遠いなぁ。潮が渦巻く西海橋を過ぎ、さらに車を走らせると、右手に妙な存在感のある3本の塔「針尾送信所無線塔」が見えてきます。元々は旧日本海軍によって建てられた軍事用の無線送信塔で、近年は役目なしの巨大なモニュメントとして静かに佇んでいるようです。その針尾の無線塔をはじめ、佐世保や西海周辺には自衛隊基地や米軍基地、以前栄えた炭鉱跡など、文化と発展の間にある影の歴史を意識させる景観が数多く残ります。発想の転換により、それらを観光の資源として生かしていく方策はあるかもしれません。

市役所での1時間あまりのヒアリングの後は、旧長崎オランダ村を再生して、現在はCAS Villageとして生まれ変わった施設を訪ねました。CAS Villageのテーマは「食の情報発信基地」です。国内、アジアに向けて、教育・商業事業を通じて、安心・安全・健康な食づくりを目指し、新たな食のスタイルを提案・推進する、といったのが概要でしょう。既存の施設を利用したレストランやウエディング施設、農産物直売所や食に関するアイテムショップ、それに加えて業界ではおそらく国内初のMBA(レストラン経営等)を取得できる調理師学校などを備えています。CAS Villageを含めたCASジャパンの社長は、マネーの虎でお馴染みの小林敬氏です。さすが面白いところに目を付けられるものですね。「食」は九州の観光振興を考える上で、非常に大切なテーマであると思います。さらに、今後のCASジャパンは、観光にとどまらず他産業とのネットワーク化により、「食」全体に対する変化を起こしていくのかもしれません。とても楽しみですね。
b0013735_0505557.jpg
b0013735_051699.jpg
b0013735_0511880.jpg
「GINGER」という中華のレストランで食べたお昼ごはんは、バイキング形式で、温かいものはオーダー後作ってくれる趣向になっていました。途中では、目の前で中国楽器を使った演奏会が始まり、取りに立ち上がりにくくなってしまいました。総じて、美味しくサービスもなかなかの印象です。ちなみに、施設入場料はタダ、バイキングは1,500円でした。
b0013735_0522624.jpg
b0013735_052549.jpg
b0013735_0523938.jpg
帰りには、「はなわ」の佐賀県の歌に出てきた、架空の牛丼屋「(吉野家に似た)吉田屋」が、実際に唐津にオープンしたという情報を元に、202号線をドライブ。発見後実食、無事任務を完了しました。 まずは、看板から吉野家をとっても意識したオレンジ地に黒字です。
b0013735_0532989.jpg
オーダーは、佐賀県産牛を使った「870(はなわ)丼」。お味は、これがなかなか美味しくて、先輩H曰く「フツーに美味しかったらネタにならねぇよ!」って。確かに。
b0013735_053516.jpg
どんぶりには、はなわデザインのイラストが入ってます。
b0013735_0541353.jpg
さらに、こちらにも。完食した貴方だけに登場するはなわです。
b0013735_0543399.jpg
んー、仕事か観光かよく分からない一日でした。これで企画提案はバッチリか。
[PR]
by sono3106 | 2005-07-08 23:59 | ┗━◇たび
目標を立てる
将来の充実した生活をイメージするとき、日常生活における行動や近い将来における目標は、明らかになっている必要があります。それは、アンソニー・ロビンズ著『人生を変えた贈り物』をはじめ、多くの成功本や哲学本に書かれている共通の事柄のように感じます。(それにQちゃんの家に行ったら、紙に書かれた目標が貼ってあったし・・・。)
そこで、私も自分なりに考え、決断、公表することで、意識的な取り組みを行おうと思います。
(リアルすぎる話や支障をきたす話は、○○で表現させてもらってます。)

b0013735_010546.jpg=自 分 を 磨 く=
☆○○○○○の作成
☆アンソニー・ロビンズ『人生を変えた贈り物』5回読破
☆九州観光マスター検定の勉強
☆測量士の資格申請
☆○○○○の研究

=お金を生み出す=
☆アフィリエイトの導入
☆中国株○○万円の増資b0013735_0105622.jpg
☆不労所得源の研究
☆金持ち父さんシリーズ読破
☆家計簿の継続と精査

=泰くんのために=
☆生活リズムの改善
☆23時までは泰くんタイム
☆否定語をできるだけ使わない
☆『こどもの心のコーチング』読破b0013735_0124028.jpg
☆外食は月5回まで

=年度内の具体的目標=
☆○○成功!
☆九州観光マスター3級合格!
☆測量士取得!
☆月○万円の不労所得!
☆月○万円の貯蓄!
[PR]
by sono3106 | 2005-07-06 23:38 | ┗━◇ぱぱ
ミュージカル・バトン
ミュージカル・バトン」が、元同僚Qから回ってきたので、さっそくやってみましょう。

☆Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


1ヶ月ほど前にMP3プレーヤーを買ったため、CDや音源を貯めているところです。
見てみると443Mで、ちょうど100曲でした。うちのMP3は256Mなので、こんなとこでしょう。
恥ずかしながら、『とんでったバナナ』や『犬のおまわりさん』が入っています。泰くん用といいながら、結構自分でも懐かしくて聞いてしまいます。


☆Song playing right now
 (今聞いている曲)


MOOMIN 『TRIPLE M』
心にしみるスローなレゲエチューン。ゆらゆら癒されて気持ちがいい。夏ですねぇ。


☆The last CD I bought
 (最後に買ったCD)


2ヶ月くらい前でしょうか、Def Techの1stアルバム『Def Tech』です。
ジャワイアン・レゲエ(JAPAN+HAWAII+JAMAICAのミックス)という、よく分からないジャンルですが、横浜タイヤのCM曲だった「My Way」が特に気に入りました。
ちなみに最後に借りたCDは、BENNIE Kの3rdアルバム『Synchronicity』ですね。


☆Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)


1.BONNIE PINK 『Thinking Of You』
『過去と現実』と並んで大好きな歌です。昨夏クロッシングホールであったライブにも行っちゃいましたし。ライブで聴いた『Thinking Of You』は、会場の静まった空間を切り裂くような、のびやかなボーカルで印象的でした。ボニピンやっぱいいなぁ。

2.布袋寅泰 『スリル』
ライブというものに初めて行ったのは、名古屋センチュリーホールであった布袋のライブです。発売時間前に並んで何とかチケットをゲット、懐かしい高校2年生の思い出です。同じくファンの同級生NTと行きました。ライブ会場限定発売の記念ボックスには、「Safe SEX!」と書かれたコンドームが入っていて戸惑いました。若かったなぁ。

3.槇原敬之 『Hungry Spider』
初めてこの曲を聴いたとき、なぜか涙が出ました。当時付き合っていた彼女と、ライブチケットを購入しましたが・・・直後に、覚醒剤所持で逮捕。もちろんライブは全日程中止になり、幻となりました。その他、事務所の元社長に1億円取られたり、バイセクシャルならではの詞に両性から共感されたり、「世界に一つだけの花」など楽曲提供者として評価されたり、いろんな話題をふりまく人ですなぁ。

4.EGO-WRAPPIN' 『かつて..。』
出だしの色っぽいサックス、そして後半の盛り上がるピアノソロが、とってもかっちょえ~感じです。ドラムLOGOSのライブで聴いた、生『かつて..。』は鳥肌ものでしたなぁ。でも、出だしのサックス音外してたけど。まあご愛嬌か。

5.ORIGINAL LOVE 『夜をぶっとばせ』
あふれる疾走感が最高のナンバーです。夜の都市高を走りながら聴いたらたまらんな。

(番外編)大事MANブラザーズバンド 『それが大事』
初めて買ったCDです。「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」ホントに懐かしいですねぇ。

(特別編)加藤伸吾 『別れを・・・It’s so hard』
大学時代バイト先で知り合った伸吾クンが、昨夏にデビューしました。さまざまな出来事を乗り越えて、夢を貫きとおす姿にしびれました。絶対ビッグになって欲しいと願うばかりです。

☆Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す5人)


まっち(お仕事おつかれさん。B'zで占領されそうやね。稲葉さんの実家の写真見たい。)
近藤くん(土曜は滝行おつかれさま。坊主頭かなり似合ってましたよ。もしよければ。)
船ちゃん(僕には・・・なんて思ってたら、油断大敵ですよ。最後まで気を抜かないように。)
杉山さん(野球おつかれさま。プロレスのテーマ曲並べられても、わかりませんからね!)
彼女(思ってたより、歌選ぶの結構考えたよ。同じように悩んでね。よろしくたのんます。)

本気で5人に回すと、12回で日本の人口を超えちゃいますから、適当にパスしてくださいね。
あくまで、楽しいというのが原則ですから。
[PR]
by sono3106 | 2005-07-04 11:59 | ┗━◇たび
3回目の滝行
今日は5時半に起きて、滝に打たれてきました。久しぶりの雨により、過去2回の滝行よりも水量の多いコンディションでした。しかし、水温は高く、「行」というよりは「水浴び」のような感覚で、いつも以上の気持ちのいい感じを覚えました。服が濡れ、傘を差しながらの山道なので、通常なら雨を「ちょっとやだね」と思うところですが、なんといっても水不足解消にはもってこいの大雨なので、ほっとひと安心です。

滝行そのものはスピリチュアルな裏付けがありますが、滝行に惹かれ、続けたいと思っている動機は、今のところ「水と同化する快感」にあると思います。それ以外であえて言うなら、決めたことに対する自分への精神的試練でしょうか。これは経験を重ねていくことで、変化していくものと思いますが、最終的にはどこに辿りつくのでしょうか。滝自体に何も求めないのが境地なのでしょうか。
b0013735_11113489.jpg
5:45 出発
6:30 福岡空港待ち合わせ
7:30 北九州 畑観音 畑の滝 =滝行=
10:00 滝のメンバー全員で資さんうどんにて朝食
13:00 帰宅
14:00 ポップハウスにて家族写真
15:00 ミスターマックスにてお買い物
16:30 業務用食品スーパーAプライスにてお買い物
17:30 お好み焼き屋「味美」にて夕食
b0013735_11164486.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-07-03 01:16 | ┗━◇ぱぱ
ヤギのヨーグルト
仕事を終わらせて、地下鉄の駅に向かうと19:50。まだ、10分あるか・・・。
それじゃと思い、急いで閉店間際の大丸へ、お土産のデザートをゲットするため向かいます。
メゾンカイザーのパンは9割方売り切れ。ホントに人気があるなぁ、と横目で見ながらコールド系デザートを物色します。

実は昨日から、試しに付けたエアコンで、泰くんが風邪をひき、まだ微熱があるとのこと。
少しでもひんやりするデザートを買って帰ろうと思ったわけです。
結局、悩んだ末ピックアップしたのは、モロゾフのカスタードプリンnicoのヤギのヨーグルト
ヨーグルトは、なかなかパッケージがかわいいでしょう。ハイジを髣髴とさせる和み系イラストに、ついつい手を出してしまいました。
b0013735_274921.jpg
ところでこのヨーグルト、牛ではなくて「ヤギ」という点が、ポイントのようです。(以下HP抜粋)

(ここから)
ヤギのミルクは人の母乳に一番近いとされ、栄養が豊富な上に、牛乳に対してアレルギー反応を示す方でも、やぎのミルクは極めて反応をおこしにくいという調査結果が得られています。また、消化が良く、胃や肝臓への負担が少ないため、体の弱った方や小さなお子さんも無理なく消化吸収できます。さらにタウリンは、なんと牛乳の20倍と言われています!
(ここまで)

へえ。実際のお味は、まろやかで独特の酸味と後に残る風味が印象的でした。彼女曰く「サワークリームのようでとても美味しかった」とのこと。泰くんも、いっぱい食べてくれました。

彼女と泰くんが喜んでくれると、買ってきた甲斐があるってもんですね。
それにしても、デパ地下はあっちにもこっちにも美味しそうなデザートが並び、最高のワクワク感を与えてくれますね。次は、何を買おうかな。
[PR]
by sono3106 | 2005-07-02 01:48 | ┗━◇ごはん
アントクアリウム 13日目
下側の道が、だんだんと中央に向かって延びてきました。そして、「熱血職人A」をちょいと手伝っているヤツも現れました。
b0013735_1231744.jpg

[PR]
by sono3106 | 2005-07-01 23:59 | ┗━◇そのほか