<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ホントになんでもありの毎日やなぁ
b0013735_1221393.jpg先週末はいつもと同様、楽しいことで埋めつくされたスケジュールがあっという間に過ぎました。

土日の午前中は、九州観光マスター検定の対策講座に参加。検定合格に特化した内容だったため、観光学の講義を楽しみにしていた私にとって、やや物足りない内容でした。

土曜の昼食は、ひとりで西新にあるb0013735_1222524.jpg坦々麺が美味しいと評判の中華屋台潤へ。胡麻の香りに加えて、干しエビのダシが旨いスープ、歯ざわりのよいツルツルの麺も相性がよい感じです。まろやかな辛さとわずかな酸味が絶妙でした。

土曜の深夜は、初の夜行でした。数十本のろうそくに灯された滝が、暗闇に浮かび上がる幻想的な雰囲気の中での滝行でした。いつもと気分が異なり、気持ちよく入ることができました。

b0013735_1223397.jpg日曜の午後は、甘木のお父さんお母さんと一緒に、田主丸の矢倉園へぶどう狩りに出かけました。田主丸は、巨峰発祥の地だけあって農園がとっても多い。大粒で甘い巨峰を試食しました。

今日はK市の委員会があり、本社からの先輩NN、上司YMとともに事務局の一員として参加しました。無難に議決することができほっとひと安心です。上司YMから、泰くんへ「かっぱえびせんサザエさん東京バージョン」の土産をいただきました。

明日は、急遽長崎の五島に出張となりました。しかし、島滞在はわずか3時間と相変わらず強行日程です。3時間で仕事+どこまで観光できるか勝負です。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-30 23:59 | ┗━◇ごはん
豊後高田は昭和の香り
b0013735_1275825.jpg10:25 博多駅 ソニック乗車
11:58 宇佐駅着
12:30 市役所最寄の焼肉屋で昼食
14:30 宇佐市役所 入札
15:50 豊後高田市役所 営業
17:20 宇佐駅 ソニック乗車
19:00 博多駅着
19:30 帰社

b0013735_1282647.jpg今日は、午後からある入札のため宇佐、豊後高田に出張です。博多駅発のソニックは、いつもにも増して大混雑しています。宇佐駅には予定どおりに到着、ここへ来るたび知っているにも関わらず、USAの看板をあえて確認してしまいます。

宇佐駅から市役所、市役所から豊後高田、豊後高田から宇佐駅へは、ローカルのバスを利用します。過疎路線のため、b0013735_1285224.jpg数年前から大分交通から関連子会社へ運行委託をされているところをみると、地方公共交通の経営は非常に厳しいのでしょう。タイムテーブルも、1時間に1本ですからね。

豊後高田のまちなみは素敵ですね。市役所からバスターミナルまでの帰り道、少し遠回りをして中心部を歩いてみます。駄菓子屋に薬屋、電気屋に魚屋、昭和の香りを色濃く残す建物が連なり、懐かしい雰囲気がまち全体に広がっています。b0013735_12939100.jpg

実は3年ほど前、私のお気に入りだった西新の駄菓子屋「なつかし屋」が急遽閉店してショックを受けました。その理由は、この豊後高田の昭和ロマン蔵に「駄菓子屋の夢博物館」として移転していたのです。そんな意味では、ほかの人よりちょっとだけ豊後高田に思い入れがあるのかもしれません。
いつものことながら、お仕事でこんな気分になれるのは、ちょっと優越です。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-27 23:59 | ┗━◇たび
絶品うどんと絶品クリームパン
b0013735_1321442.jpg今日は雁ノ巣で11時から、Gリーグのリーグ戦がありました。試合開始とともに小雨から強雨に変わり、内野には大きな水たまりができました。まもなく審判から中止のコールがあり、1ヶ月ぶりのインパルスは、打席に立たず終わってしまいました。とは言え、雨に打たれズブ濡れになってまで野球をすると、結構バカになったみたいで楽しくなってきます。

当然、午後からのバーベキューも中止になり、b0013735_1323047.jpg家に一旦帰ってお昼ごはんとなりました。最近ひろしげさんやへのさんのサイトで、美味しいとウワサになっている下山門の「大地のうどん」に、実は昨日訪ねていたのですが、あまりの美味しさに彼女との意見一致で、本日も再戦することになりました。

昨日は、温かいごぼう天うどんを食べましたが、まず直立するうちわのようなごぼう天に圧倒されます。ごぼう天はサクサク感を強調するため、多少b0013735_1332780.jpg長めに揚げられているようです。そして、表面はテロテロ、中は強いコシのある絶妙な極細麺に、丁寧に仕上げたダシがとてもマッチしています。まわりのお客さんを見渡すと、ぶっかけを注文している人が多いようです。

それを踏まえ本日のオーダーは、多くの人が注文するごぼう天ぶっかけにしました。釜から茹で上がった麺を、ザルではなく布の網ですくい上げるのは、b0013735_1334954.jpg麺の食感を大切にしているからでしょうか。平皿には、ピカピカ光る麺にごぼうと紫蘇の天ぷら、鰹節、大根おろし、海苔、ねぎ、生姜が乗っかります。どうやら冷たい麺の方が、食感を楽しむには向いているようです。またもや昨日に引き続き、美味さに感動してしまいました。この調子では、どうやら来週も訪ねることになりそうです。

その後は、今宿にある「博多・今宿b0013735_1341164.jpg 治七のクリームパン」に向かいます。初めてお店を訪ねますが、国道から細道に入り込み、ちょっと分かりにくい...しかし、ポイントには看板がありなんとか無事に到着しました。お店の佇まいは改造民家風で、中にちょっとしたはギャラリーもあります。お目当てのクリームパンは、防腐剤、添加物、保存料を一切不使用で、泰くんにも優しい自然の味です。

おもてのベンチに腰かけ、パンをひと口b0013735_1344799.jpgほおばると、口の中でふわふわぁーと溶けていくカスタードに感激します。パンとカスタードが溶け合っている感じで、パンを食べているのか、カスタードを食べているのか、よく分からないくらいです。とっても優しい味にめぐり合い感動しました。

帰りに姪浜中央公園で、泰くんは思いっきり暴れました。ハトを追いかけ「待ててぇ待てぇ~ハトポッポ」を連発していました。さあ、明日からは一週間ぶりの社会復帰です。次の休みを目指してがんばるぞぉ。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-21 23:59 | ┗━◇ごはん
イタリアに染まった日 ~岐阜帰省編⑤~
b0013735_2271279.jpg6:30 起きる
7:00 家を出る
7:20 JR岐阜駅で快速電車に乗る
8:00 一宮バスターミナルで万博ライナーに乗る
8:50 愛・地球博会場に到着
9:15 ちょっと並んで入場
10:00 イタリア館・ブルガリア館・スペイン館
12:30 エジプト館
13:00 お昼ごはんb0013735_2282666.jpg
14:00 キッコロゴンドラ
14:30 お土産を買う
15:00 愛・地球博を出る
15:15 リニモと地下鉄に乗る
16:00 HIROSHIでちょっと早い晩ごはん
17:00 JRに乗る
18:00 家に到着

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・b0013735_2291594.jpg

電車とバスを乗り継いで、9時前には会場に到着しました。入り口で20分ほど並ぶと、太陽が曇に隠れているにもかかわらず、汗がダラダラ。やっぱり夏の万博は厳しそう。それに泰くんがいる私たちは、行列のできるパビリオンには行けないなぁと悟りました。

今回の目的は、彼女の熱い要望により、イタリア館の古代ギリシャのブロンズ像「踊るサテュロス」b0013735_2293173.jpgです。入場と同時に、さっそくイタリア館に向かいます。会場の内側を周回するように延びるグローバルループは、ところどころで霧が勢いよく噴出し、ひんやり心地よくしてくれます。とってもいいアイデアですねぇ。

イタリア館に到着すると、行列が・・・まったくできてない。並ぶことなくスムーズに入場できました。パビリオンの中には滝が流れ、足の下にも水が流れます。踊るサティロス像は、ギリシャ神話b0013735_2295593.jpgに登場する森の精らしく、神秘的で吸い込まれそうな美しさです。2000年以上前のブロンズ像は、第一級の美術品で、国外に運ばれ展示されるのは最初で最後になるとのことでした。

続いて、向かい側にあったブルガリア館に入ります。ヨーグルト以外にもバラ(ローズオイル)やハーブ、蜂蜜、ワイン、ミネラルウォーターなどの生産が盛んなようです。ヨーグルトは、想像よりも酸味b0013735_2301818.jpgが強く、食べ慣れた甘いヨーグルトよりも体に良い感じがします。

会場時間の9時以降も、ドイツ館やギリシャ館などいくつものパビリオンで、送電線の影響から停電が発生し、入場制限となっていました。その他の稼動中のパビリオンは、その影響で混雑していました。フランス館が行列だったため、次は行列の少ないスペイン館に並びました。レアルマドリッドのサイン入りユニフォームb0013735_2313100.jpgが、ちょっと気になりました。

その後、ヨーロッパの各国が集まるグローバル・コモン3のゾーンが混んできたため、アフリカ諸国が集まるグローバル・コモン5のゾーンに移動しました。エジプト館では、ロゼッタ・ストーン(のレプリカ)やツタンカーメン(のレプリカ)、ファラオの彫像(のレプリカ)など、世界ふしぎ発見!を見ているような状態でした。

会場内の移動には、IMTSb0013735_2312490.jpg(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム)や、キッコロゴンドラを使いました。IMTSは、軌道上を無人(運転席にはモリゾーが座ってました)で走る次世代交通システムで、圧縮天然ガスを燃料とした3台のバスが、無線により隊列走行するという画期的なシステムでした。

暑さにバテて、結局事前予約を入れておいた韓国館やグローバルハウス(マンモス)には入場せず、お土産を買って帰ることにしました。早く帰るのには、b0013735_2314549.jpg理由があります。私の学生時代からのお気に入り、スパゲティハウス・HIROSHIで晩ごはんを食べるためです。夕方になると、長~い行列ができるのです。ねらい目は17時前です。

特に美味しいのは、イタリアの大きな硬質チーズ「パルミジャーノ・レッジャーノのリゾット」です。目の前でチーズを削りながら、作ってくれるところがまたいい感じです。パスタ「魔女とからあげ」も絶品でした。今日は、イタリアの虜になった一日でした。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-17 23:59 | ┗━◇たび
古田織部の町 岐阜 ~岐阜帰省編④~
b0013735_2111741.jpg10:30 起きる
13:00 SOGNI di SOGNIでお昼ごはん
13:30 岐阜駅 アクティブGをウロウロ
16:00 家に帰る
18:30 家族みんなでさとで晩ごはん

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JR岐阜駅に隣接するアクティブGを3人でウロウロb0013735_211369.jpg。ビルの中には、どんな発想から生まれたのか、ホリプロと岐阜県がコラボしたORIBEコンソーシアムの基地があります。イベント、アカデミー、プロダクト事業を展開していくようですが、やっぱりよくわからない組織です。

「GIFU×スカンジナビアデザイン展」が開催されており、ありんこチェアーで有名なヤコブセンをはじめとして、近代的北欧家具メーカーフリッツ・ハンセンb0013735_2115691.jpgモノがいくつも並んでいました。革新的で機能的な感じが素敵です。

別のブースでは、韓国のパッチワークポジャギが展示してありました。ここでは、作品の販売だけでなく、体験教室もあるようです。透明感のある麻生地と、重なる縫い代の部分のコントラストがキレイで、まるでステンドグラスのようでした。

b0013735_2121910.jpg夜は、家族9人で近くの和食系ファミレスへ。福岡では、こんなに多くの人数でテーブルを囲むことが、滅多にないので本当に楽しく感じます。きっちりパフェのデザートまでいただきました。

今日は予定を詰め込まず、ゆっくりと過ごせました。疲れ気味の泰くんも、元気になったように思います。こちらに来て4日目が過ぎ、残りのほうが少なくなりました。明日は何をしようかなぁ。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-16 23:59 | ┗━◇たび
とことん食べて遊んだろ ~岐阜帰省編③~
b0013735_285374.jpg10:30 起きる
13:00 モスバーガーでお昼ごはん
13:30 各務原市民プール
16:00 キャッツカフェでパフェ
19:00 晩ごはん
20:30 アクティブG  炙り焼SAKANAYA
22:30 玉宮町  ぶらっ菜まぐろう
0:30 US.MART
4:00 洋食 昭和ランチでハヤシライスb0013735_294259.jpg
4:30 家にたどり着く

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆっくり起きて、お昼からは泰くんを連れてプールに向かいます。こちらに来てからは、公共交通以外の移動手段がないので、おじいちゃんに借りた軽トラに3人乗って出かけます。途中モスバーガーに寄り、ナン・タコスを初めての実食。b0013735_210957.jpgたっぷりの野菜と溶けたチェダーチーズがとても美味しいです。

各務原市民プールには、幼児用や児童用プール、流水プールにウォータースライダー、競泳用プールなど市民プールにしては充実の設備です。泰くんは、先月から通い始めたスイミングの成果を披露してくれました。帰り道、運動後はやっぱり甘いものだろとなり、パフェの種類ではどこにも負けない(と思う)キャッツカフェでパフェを食べました。b0013735_2102852.jpg

夜は、またもやマルゴメンバーで居酒屋めぐり、朝方までカラオケ&ビリヤードと、クタクタになるまで遊んじゃいました。居酒屋で食べた富山湾の白えび刺は、濃厚な甘みが魅力的な逸品でした。そしてとどめは、最近できた24時間営業の洋食屋昭和ランチでハヤシライスを食べます。380円にしては上出来です。あぁ、またもや飲んで食べてお腹いっぱいになってしまいました。そろそろ自制しないとヤバイかな。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-15 23:59 | ┗━◇たび
鵜飼船に揺られて夏 ~岐阜帰省編②~
b0013735_1502233.jpg6:30 泰くんに起こされる
7:20 コメダ珈琲でモーニング
11:30 名古屋駅でたきくん&なみちゃんに会う
12:00 まぐろ屋さんでお昼ごはん
13:00 ベルヘラルドでパフェを食べる
15:00 ちょっとだけお昼寝
16:30 お墓参り
18:00 小瀬鵜飼
20:30 家に帰るb0013735_1505461.jpg
22:30 どくだみ草で絶品中華そばをいただく

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

早朝泰くんに「ぱぁぱぁ!」と起こされ、家族そろってコメダ珈琲へ向かいます。コメダ珈琲のモーニングは、前回の帰省で彼女のお気に入りになりました。アイスカフェオレを注文して、泰くんにくっついて店内をウロウロお散歩します。店内には、b0013735_1511638.jpg家族連れから老夫婦、電車待ちの若い女性や商談中のセールスマンまで、いろいろな人が集います。考えれば、こんな不思議なお店、福岡には存在しませんねぇ。モーニングの魅力とは何なんでしょう。

アイスカフェオレに、ゆで卵とバタートーストが付いてきます。値段は飲み物代だけという、11時までのサービスです。見かけ普通のバタートーストが、なぜか美味いんです。ゆで卵b0013735_1514415.jpgも塩かけて食べること、最近ないですね。一気に昔の岐阜での生活感が復活しました。

お昼は、JRに20分揺られ名古屋駅まで出て、大学時代の親友たきくんと彼の彼女なみちゃんに会いました。来年には結婚するとの報告を聞いて、とてもうれしくなりました。学生時代には、仲間内で最も早く結婚しそうだと言われて彼、そんな中自分が思わぬ形で先を越してしまいました(笑)。b0013735_152485.jpg特にこれからは、先輩らしく楽しい家庭生活を送らなくてはなりません。

夕方は、うちの家族と母方のおじいちゃん、おばあちゃん、父方のおばあちゃんと一緒にお墓参りです。その後は、関市の小瀬というところで、10人乗の船を借りて鵜飼見物となりました。岐阜人ながら鵜飼初体験の私は、わくわくどきどき。夕暮れの川べりには、気持ちのよい風が吹きわたります。b0013735_1522882.jpg

乗船後、ゆっくりと船頭さんの船捌きで上流まで揺られ、停泊したままで晩ごはんとなります。川面は思った以上に涼しく、遠くの花火大会の音だけがこだまします。夕暮れ後は、船上花火を楽しむことができます。

漁火を荒々しく焚いた鵜飼船が、次々と川を下り、我々の船はその先頭を走る鵜飼船に接近して、漁を見物します。暗闇に水面が照らされ、船底をコンコンコンと叩く音に、松明がパチパチと燃える音が響き渡ります。勇壮な大迫力のショーはわずか20分程度でしたが、とても印象的でした。

夜な夜なお腹が空いたので、彼女と二人で「どくだみ草」へ向かいます。ここの中華そばは、スープを飲もうと口を近づけると、ふっと香るダシが格別の一杯です。今日も満腹で眠れそうです。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-14 23:59 | ┗━◇たび
コンペの当選&当選祝い☆
今日はとってもうれしいことがありました。熊本県M市の業務が、プロポーザルコンペで当選したのです。なんだかんだ徹夜でまとめた企画、念入りに準備したプレゼンテーションが実を結びました。私メインのコンペは今年3本目で、過去2戦は連敗だっただけに感激ひとしおです。また、受託金額の1%をもらえる我が社独自の報奨金制度により、臨時収入が期待できそうです。

アフタービジネスは、お兄ちゃんと先輩NNとまっち、そしてお兄ちゃんの友達の女の子2人のあわせて6人で、親不孝の山猫屋にて沖縄料理を飲み&食べました。どうやらお兄ちゃんがセッティングした先輩NNとまっち向けのミニ合コンのような趣旨もあり、なんか邪魔しちゃったかなという感じです。(と言いながら、ついついしゃべり過ぎました。反省...皆さんすいません。)そして、2次会のボーリングを終えると4時!! 翌日の帰省を目の前に、家庭をかえりみないホントだめなパパです。

明日はというか、40分後には帰省のため福岡空港に向かいます。どんな帰省になるのかとても楽しみです。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-13 23:59 | ┗━◇ごはん
セントレアに降り立つ ~岐阜帰省編①~
b0013735_144547.jpg6:50 家を出る
8:10 JAL3204便 福岡空港発
9:30 中部国際空港「セントレア」着
9:50 名鉄 空港特急「ミュースカイ」発
10:50 名鉄岐阜駅着
12:00 おうちでお昼ごはん
13:00 泰くんを預けて彼女とふたりで髪切り
15:00 お昼寝
17:00 親戚がやってきたb0013735_1451679.jpg
18:00 マルゴ屋上にてバーベキュー
20:30 親戚とお茶

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わずかな仮眠しかできず、昨日のはしゃぎすぎた余興を反省しました(パパらしからぬ行動、極力もう行きませぬ)。それでも、荷物抱えて空港へ向かいます。熟睡していた泰くんも、b0013735_1455352.jpg地下鉄に乗る頃には目がパッチリとなりました。

前日にJALの機体の一部が、福岡市内に飛散する事故があり、JAL機内で配られた新聞の一面にも、その記事が大きく載っています(JAL自ら不安をあおるなよぉ)。いつも以上にドキドキしながら福岡空港を飛び立った飛行機は、1時間後、中部国際空港「セントレア」に無事到着しました。

b0013735_1461663.jpg一面ガラス張りで開放感のある建物は、利用者を心地よくしてくれます。泰くんも、動く歩道を元気よく行進しました。ここで名鉄に乗り換えて、いざ岐阜を目指します。到着ターミナルから鉄道までのアクセスも分かりやすく、よくできた設計と感じました。

岐阜までは空港特急「ミュースカイ」に乗って55分です。車内には、運転席からのリアルタイムの眺めが映し出され、まさに「電車でGO!」b0013735_1464767.jpgの状態です。お客さんは、お盆にも関わらず少なめで、泰くんのひとり運動会になってしまいました。

電車から見える駅前のまちは、古い問屋街が壊され新たなビルが稼動、既存道路はルート変更し歩道が拡幅、ペデストリアンデッキは一部が完成、そして岐阜の象徴「赤いチンチン電車」は3月に姿を消していました。何年前かの近鉄百貨店撤退に続き、草分け的存在であった新岐阜百貨店b0013735_1473382.jpgも閉鎖の報道、そして駅前には40階を越す中部圏最高の高層マンション建造中と、まちの生と死に直面することとなりました。

駅に到着後、おかんと合流して、お正月以来の実家に帰宅しました。7月30日の泰くんの誕生日を、遅ればせながら岐阜でも祝ってもらいました。そして、待ちに待っていたおじいちゃんと、泰くんは久しぶりのご対面です。最初は、見知らぬ風貌b0013735_1475572.jpgに警戒していましたが、ちょっとずつ打ち解けてくれました。

夕方には、おかんの親戚がうちに集まり、いとこの結婚報告を聞き、こちらの近況報告をしました。その後は、バイト仲間であるマルゴ軍団でバーベキューをしました。ビルの屋上は思った以上に涼しく、西の方で行われている花火大会を遠目に見ながら、楽しい時間を過ごしました。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-13 23:59 | ┗━◇たび
ここ九州で観光志す☆
土曜日にもかかわらず、家族を甘木の実家に預けて休日出社です。火曜日提出の熊本県M市の企画提案書を、コツコツと書き上げなければなりません。それでも、自分としては前向きな気持ちで、取り組めているので良しとしましょう。何と言っても、来週末から一週間岐阜へ帰省ができるのでがんばれちゃうのです。ちょっと休憩の合間に、思っていることを書きましょう。

先週の日曜日は、九州観光マスター検定のプレテストがあり、商工会議所で受験してきました。数日のテキスト黙読で、結果は自己採点で8割越え、といってもプレテストなので合格はありませんが。あくまで本番は10月です。ともあれ点数以上に、得意分野と不得意分野が明らかになり、出題傾向を把握できたことが収穫です。それに、合格のために必要な勉強量がイメージできました。

この検定は、九州の歴史地理から国際コミュニケーションの基礎、観光マーケティングなど、観光ビジネスの基本を学ぶような内容(以下、テキスト目次参考)です。
 第1章 九州観光の動向と振興戦略
 第2章 九州の観光資源
 第3章 産業としての観光
 第4章 観光コミュニケーション
 第5章 観光マーケティングの考え方

プレテストでは、各分野の配点が20点で、合計100点満点という仕組みです。この検定は、今年から福岡商工会議所がスタートさせる新しい検定試験で、10月の3級を皮切りに、18年2月には2級、その後には1級が予定されています。(一般的に検定試験は、スタートから数年間合格率が高く推移する傾向があるようで、我々受験者としてはねらい目なのかもしれません。主催者側の検定試験の普及、定着のねらいがあると考えます。)

私は観光や旅行に興味がありますが、いままでガイドブックや一般的なマーケティング本などから観光を断片的に学ぶことはできても、地域情報からマーケティングやホスピタリティまで、観光という切り口で系統立って観光を学ぶ機会には、なかなか恵まれませんでした。それは私に限らず、日本全体が観光を軸にした、教育展開をしていないことにあります。最近では、国も観光立国の政策を大きく掲げ、観光学科のある大学も少しずつ増えてきましたが、まだ駆け出しの時期といえるかもしれません。

特にここ九州では、有名無名の歴史的自然的な観光資源が多く、その土地土地の美味しいものや人情気質も豊かです。また、黒川や湯布院をはじめとする観光まちづくりの成功事例も豊富です。このような観光のポテンシャルが高い九州の地で、観光に携われるような仕事ができたらいいなぁと思うのです。そのためにも、まずは10月の試験でしょうか。そして、行く行くは1級まで取りますから、一応宣言まで。
[PR]
by sono3106 | 2005-08-06 23:59 | ┗━◇たび