<   2008年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧
これからの豊かさは“農”にあり?
b0013735_2411586.jpg
b0013735_2422837.jpg
b0013735_2431232.jpg
先月の農業体験をきっかけに、赤村が大好きになってしまった私。
山や田畑に囲まれた美しい風景、澄んだ水や空気、そして美味しい農産物、赤村では何気ない日常が、自分にとっては感動の集合体。

なかでも一番好きなのは、役場に勤めながら、遊休地で新しい農業に挑む、あの親父。
先日の体験イベントで“田子作”に扮していた、あの親父です。
思いついたら考えるよりまず実践する人で、一緒にいると常に学びの連続です。
今日は、その親父にお願いして、いちにち農作業の手伝いをさせてもらいました。

ちょっと固い考えかもしれないけど、国民生活の基礎となっている農業、真の安全・安心が問われる食を知らずして、これからのまちづくりを語れるのか?と思ったりもします。
原油高騰や食糧危機、地球温暖化などの時代の流れ、それに対する国の政策を見ても、これから最も注目されるのは、やっぱり“農”を核とした地方のまちづくりだと思います。
そして、現在の価値観が、近い将来、劇的に変化するのではないかと思います。

直売所の仕組みや安全な農産物の見分け方、農業や植物の基礎知識などたくさん学ばせてもらいました。地元を動かしているキーマンも紹介してもらいました。
そして、帰りには、自家製無農薬の野菜や苗を山ほどもらいました。
次回は家族も一緒に連れて行きます。畑で食べるもぎたてのトマトの味は最高です。

私も行ってみたいな~って方、ぜひ一緒に行きませんか?
農作業の手伝いをして、自分がほしい野菜を自分で収穫して、たくさんもらって帰りましょう!
みなさん、いかがです?
b0013735_2315203.jpg
b0013735_23152031.jpg
b0013735_23152060.jpg

[PR]
by sono3106 | 2008-06-28 23:15 | ┗━◇まちづくり
今朝の西日本新聞に・・・
b0013735_12534891.jpgたかとり灯籠音楽祭 『竹音人』 の記事を載せていただきました。
あらためて、今回の企画にご協力してくださった、各方面の方々に感謝したいと思います。

まず、会場として受け入れていただいた、旅館西新荘の大将、はいから倶楽部のマスター、竹伐採から灯籠づくり、ストックヤードの提供など全面的に支援いただいたFOOT PARKの大将、PR活動の支援をいただいた菊池書店の大将には、特に感謝しています。

また、熊本からイベントの企画、準備、制作まで、いろいろ教えてくれたSくんIくんコンビ、竹の切り出しを受け入れてくださった前原の農家Kさん、Kさんをご紹介してくださったSさん、早朝から竹伐採、灯籠づくり、当日の展示まで手伝ってくれた会社の後輩や私の友人、NPO法人GREEN'Sのみなさん。

今回だけでなく、毎月はいから倶楽部のステージに立ち、前回よりもステップアップした音楽を届けてくれるアーティストのみなさんからは、いつも力をもらっています。

相方としていつも相談に乗ったり、自ら考えて動いてくれるもりやんには一番感謝しています。また、雨の中おいでいただき、取材してくださった西日本新聞の記者さんにも感謝しています。

イベントを通じ、本当に多くの方に支えられていることが確認できて、実はそれが自分の中で一番大きな収穫かもしれません。
[PR]
by sono3106 | 2008-06-26 12:34 | ┗━◇まちづくり
まちづくりの目指すところとは?
b0013735_001051.jpg
その問に対する私なりの答えは、「自分のまちを愛すること」だと思います。
そう思える人を地域で育てていくことが、「まちづくり」ではないかと思っています。

ところで、6/21、22の2日間にわたって開催した「たかとり灯籠音楽祭『竹音人』」ですが、
旅館西新荘や昭和レトロカフェはいから倶楽部の空間をお借りして、竹灯籠の展示や音楽の
ライブを開催させていただきました。それらの取組みを通じて「高取の地域を元気にしたい!」
「住んでいる人に、もっとまちを好きになってほしい!」などの思いから企画をしました。

しかし、実は他にもいくつかの思いがあります。
最近、農山村部では、高齢化などにより手入れの行き届かない「竹林」が多く見られるように
なってきました。それらの多くは、竹の持つ強い繁殖力により、隣接する畑や山が侵食され、
ひとつの環境問題とまで言われるようになりました。今回は、前原の農家さんのご厚意で、
手入れができていなかった竹林をお借りし、手入れを兼ねた竹伐採をさせていただきました。

イベントによる一過性の活動では、根本的な解決は望めませんが、イベント通じて環境問題
の認知、さらに環境に配慮したライフスタイルへの変化が図られればうれしいなと思います。

また、これまであまりなされてこなかった、地域住民や地元学生、こどもたちが自主的に参加
できるイベントとして、竹の伐採や竹灯籠の制作の過程から入ってもらい、みんなで考えなが
ら、ともに汗を流してつくり上げていければいいなと考えています。それが将来の展望です。

もし秋に竹灯籠イベントが、今回よりも少し大きい規模でできるならば、8月ぐらいには、たくさ
んの参加者を募って、「竹伐採&竹流しそうめん&BBQ」企画をしたいななんて思ってます。
それから、みんなで竹灯籠を思い思いのデザインで制作し、イベント終了後には持って帰って家で使ったり、誰かにプレゼントしたり、そんなことができたら楽しいだろうなと考えています。

「I Love 高取」から「We Love 高取」に広がっていけばうれしいな。
[PR]
by sono3106 | 2008-06-26 00:42 | ┗━◇まちづくり
最近のSAは・・
b0013735_13251917.jpg

b0013735_13251943.jpg

キレイになったし、サービスもアップしたなぁ~と感じます。
写真は、宮原サービスエリアです。

午前は熊本の菊地、これから宮崎の都城に行ってきます。
ながいながい旅路だわ~
[PR]
by sono3106 | 2008-06-24 13:25 | ┗━◇まちづくり
感動再び!たかとり灯籠音楽祭♪
b0013735_14434036.jpg
b0013735_14425935.jpg
b0013735_14434985.jpg
b0013735_14435895.jpg
b0013735_1450399.jpg
b0013735_14455988.jpg
b0013735_14462371.jpg
b0013735_14463445.jpg

[PR]
by sono3106 | 2008-06-23 12:50 | ┗━◇まちづくり
ほっとひと息 『竹灯籠』 レポ
今日だけでなく、これから何十年も続く、高取を象徴するイベントに、
そして、ゆくゆくは高取の文化になってもらえたらうれしいな、と感じました。

みなさんの協力があって、無事イベント開催できました。
昼からずぅーと雨だったのですが、急遽会場を屋内に移して、実施しました。
写真2枚だけですが、とりあえずアップします。

まずは、西新荘です。地元の年配の方を中心に、50~60名の方にお越しいただきました。
歴史のある建物、雨に濡れたあじさい輝く庭を生かすよう、ライトや配置にこだわりました。
b0013735_16103549.jpg
はいから倶楽部では、昼(ストリートライブから変更)と夜のライブの2部構成で行いました。
ライブに合わせて、「音符」をモチーフにデザインした竹灯籠で会場を演出してみました。
また、ライブ終了後には、お客さんに竹灯籠をプレゼントさせていただき、大変好評でした。
b0013735_1611874.jpg
お手伝いしてくれたスタッフ、出演してくれたアーティスト、受け入れてくださった商店街関係者、来てくださったお客さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ではこれから、はいからライブ2日目の竹灯籠のセッティングに行ってきます。
[PR]
by sono3106 | 2008-06-22 16:25 | ┗━◇まちづくり
絶品♪むさしバーガー
b0013735_1910618.jpg

みなけんが作るハンバーガーは本当にうまい!
[PR]
by sono3106 | 2008-06-22 16:10 | ┗━◇ごはん
竹灯籠の絵を描いてくれました♪
NPO法人セカンドプレイスさんのご協力で、小学4年生の女の子が絵を描いてくれました。
絵のとおり、こんなに楽しそうなイベントなるとうれしいな、と思います。
b0013735_19383798.jpg

[PR]
by sono3106 | 2008-06-16 19:41 | ┗━◇まちづくり
6/21(土) たかとり灯籠音楽祭 「竹音人」のお知らせ
b0013735_384772.jpg


やっとこさ、イベントのチラシを作りました。
みなさ~ん!当日いらしてください!!!
[PR]
by sono3106 | 2008-06-14 03:10 | ┗━◇まちづくり
あなたは福岡ツウ?
b0013735_12242766.jpg

巨大なタケノコ発見!
[PR]
by sono3106 | 2008-06-12 12:24 | ┗━◇たび